白山神社 (新潟市中央区一番堀通町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白山神社
社殿
所在地 新潟県新潟市中央区一番堀通町510番地
位置 北緯37度54分56.2秒
東経139度2分14.4秒
主祭神 菊理媛大神
伊邪那岐大神
伊邪那美大神
社格 式内小社論社・旧府県社・別表神社
創建 不明
本殿の様式 三間社流造銅板葺
例祭 7月15日
テンプレートを表示

白山神社(はくさんじんじゃ)は、新潟県新潟市中央区一番堀通町に鎮座する神社である。彌彦神社新潟縣護國神社とともに、新潟県を代表する神社の一つである。正月初詣の折りや「白山まつり」開催時には大勢の人々でにぎわう。

祭神[編集]

主祭神は菊理媛大神伊邪那岐大神伊邪那美大神で、加賀国白山比咩神社(白山権現)を勧請したものである。天照皇大神八幡大神を配祀するほか、明治時代摂末社を本殿に合祀したため、本殿に以下の神も祀られている。

  • 稲荷大神
  • 天満天神
  • 出雲大神
  • 住吉大神
  • 香取鹿島大神
  • 三峰大神
  • 金刀比羅大神
  • 春日大神
  • 松尾大神
  • 淡島大神

歴史[編集]

戦国時代の火災[要出典]で古記録を失っているため創建の年代は不詳であるが、平安時代中期とされ[要出典] 、『延喜式神名帳』に記載されている越後国蒲原郡「船江神社」の論社の一つとなっている。ただし、延喜式神名帳に、現在地の白山神社について、全く記載は無い。明応年間(15・6世紀の交)あるいは正保元年(1644年)に古新潟から現在地に遷座したと伝えられる[要出典]現在の本殿は正保4年(1647年)に建てられたものである[要出典]江戸時代までは宝亀院別当寺とし、春祭を神式、秋祭を仏式で行っていた[要出典]

現存する白山神社は、明治6年(1873年)、楠本正隆によって現在地に公園(白山公園)が造営された際、創建されたものと推認される。大正13年(1924年)に県社に昇格した。

境内社[編集]

境内に下記の神社が鎮座する。

  • 松尾神社(京都松尾大社より分霊)
  • 黄龍神社(弥勒菩薩による世直し祈願を由緒とする)
  • 蛇松明神(巳成金=宇賀神)
  • 大黒天
  • 道祖神
  • 住吉神社
  • 稲荷御蔵

その他[編集]

同市同区には他に同名神社が複数鎮座し、沼垂東に鎮座する旧郷社白山神社は当神社との区別のために「沼垂白山」と呼ばれている。

水島新司の漫画作品『あぶさん』では主人公・景浦安武が夫人との挙式をここで行なっている。

外部リンク[編集]