発心城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
発心城
福岡県
別名 発心岳城
城郭構造 山城
築城主 草野鎮永
築城年 天正6年(1578年
主な城主 草野鎮永
廃城年 天正15年(1587年
指定文化財 県指定史跡
位置 北緯33度17分56.2秒
東経130度38分54.4秒
地図
発心城の位置(福岡県内)
発心城
発心城

発心城(ほっしんじょう)は福岡県久留米市から八女市うきは市にまたがり存在した日本の城山城)。福岡県指定史跡

概要[編集]

耳納山地標高697.5mの発心山の山頂を中心とし、総規模は東西・南北それぞれおよそ380m、200mにおよんだ。山頂の本丸は東西・南北にそれぞれおよそ20m、50mの規模で、北側に堀切を隔てて二の丸があった。本丸の西側には130m×20mの曲輪が、本丸から東の尾根上には出丸が配置されており、出丸の北には土塁と堀切が設けられた。北麓には大手道があり、虎口が形成されていたという。

天正6年(1578年)に大友氏耳川の戦いで敗れたのを契機に、草野鎮永は大友氏の傘下から離れて龍造寺氏の下に入った。これに伴い、それまでの拠点だった竹井城に代えて当城を築いている。天正13年(1585年)には大友氏側の高良山衆徒らに攻撃され、また秋月氏にも攻められたもののいずれも撃退している。しかし、天正15年(1587年)の九州征伐の際に豊臣秀吉に鎮永が誘殺されると、当城は廃城となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]