田代政弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たしろ まさひろ
田代 政弘
生誕 1967年1月
職業 検察官

田代 政弘 (たしろ まさひろ)は日本の元検察官で、現在は弁護士[1]東京地方検察庁特別捜査部勤務の際、陸山会事件の捜査において、容疑者であった石川知裕の捜査報告書に虚偽の記載をしたとして、健全な法治国家のために声をあげる市民の会から虚偽公文書作成及び行使罪で告発された[2]が、不起訴 となった。なお法務大臣からは、減給6ヶ月、100分の20の懲戒処分を受け、検察官を辞職した[3]

捜査報告書の虚偽記載[編集]

  • 陸山会事件において、石川知裕は再聴取の際に持ち込んだICレコーダーで取り調べのやりとりを録音していた。その際、実際にはなかったやり取りが、捜査報告書に記載されていることが、2011年12月15日の同事件の公判で明らかになった[2]
  • この捜査報告書は検察審査会に提出されており、小沢一郎の起訴相当議決の大きな要因になった可能性があるとされる。東京地方裁判所2012年4月26日の小沢一郎への判決で、「検察官が、公判において証人となる可能性の高い重要な人物に対し、任意性に疑いのある方法で取り調べて供述調書を作成し、その取調状況について事実に反する内容の捜査報告書を作成した上で、これらを検察審査会に送付するなどということは、あってはならないことである」「本件の審理経過等に照らせば、本件においては事実に反する内容の捜査報告書が作成された理由経緯等の詳細や原因の究明等については、検察庁等において、十分調査等の上で対応がなされることが相当であるというべきである」と論じ、検察を厳しく批判した[4]
  • この問題について石川知裕の取り調べ責任者であった田代は、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」から虚偽有印公文書作成・行使と偽証の容疑で2012年1月12日告発された。さらに同会は、2012年6月27日陸山会事件の捜査に関わった佐久間達哉木村匡良大鶴基成齋藤隆博吉田正喜、堺徹の各検事を検察審査会に対する偽計業務妨害や虚偽有印公文書作成・行使、犯人隠避などで告発した。
  • また、2012年5月2日夜に、インターネット上に供述録とされるもの[5]、及び調書とされるもの[6]の2文書が投稿された。
  • この虚偽の捜査報告書の作成について、当時の法務大臣・小川敏夫は、検察が田代個人の記憶違いとして幕引きを図っているのはおかしいとして、再調査指示の指揮権発動を内閣総理大臣野田佳彦(当時)に相談したが認められなかった、と述べた。また小川はインタビューにおいて、この件が理由で解任されたことをほのめかしている[7]
  • 2012年6月27日付けで、刑事処分としては不起訴 となった。なお、法務大臣は田代を減給100分の20(6ヶ月)の懲戒処分とし、田代は同日付で辞職した[3]。さらに監督責任を問われた当時の東京地方検察庁検事正・岩村修二が厳重注意処分を、当時の東京地方検察庁特捜部長・佐久間達哉が、戒告の懲戒処分を受けた[3]
  • 不起訴処分を受けて、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」は、2012年8月23日、田代を虚偽有印公文書作成及び行使と偽証、元東京地検特捜部長・佐久間達哉と元東京地検特捜部検事・木村匡良を虚偽有印公文書作成及び行使の共犯で、検察審査会に申し立てを行った[2]
  • 2013年4月19日に東京第一検察審査会は、田代の不起訴不当を、元上司について不起訴相当をそれぞれ議決した[8]
  • 2013年7月31日最高検察庁は田代を再度不起訴処分とした[2]
  • 2013年8月12日、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」は、田代及び木村匡良が「石川議員の逮捕状を請求するために、事実と異なる内容を記載していた」件について、虚偽有印公文書作成及び行使容疑で、最高検察庁に告発した[9]

田代の法廷での証言[編集]

2011年12月15日小沢一郎の公判で、田代が証言した。証言内容は下記のとおり。

  • 弁護人から捜査報告書と石川知裕のICレコーダーによる録音との相違を指摘され、「この日の取り調べを一言一句記載したのではなく、思いだし、思いだし記載した。拘留中に話したことや、保釈後に話したことの記憶が混同していたと思う」と述べた[10]
  • さらに、弁護人から「虚偽の捜査報告書を書いたのではないか」との問いに対し、「そうではありません」と否定[10]
  • 石川知裕が、小沢一郎との「報告・了承」時期について調書の訂正を求めた際の「12月だろうが、3月だろうが変わんねーからさ、また変わると、なんでじゃあ変わったのってなっちゃうからさー。めんどくせーからさ」という発言を「調書とはそんなものか」と弁護人から追及されると、「実際の報告が(平成16年)12月だった、という話はこの日に初めて出ました。客観的な証拠に矛盾するし、根拠もなく不合理でした。だから石川さんが(訂正を)あきらめたんだと思いました」と述べた[11]
  • 2010年1月15日の取り調べメモから調書を作ったのが「1月19日でした」と証言[12]
  • 弁護人から取り調べメモに記載していない内容を、3日後の調書作成の際に思い出すことができるのかを追及されると「そんなことを言ったら、調書に書いてないことはたくさんありますよ!」と言い放った[12]
  • 裁判官から「5月17日の捜査報告書は、供述内容よりも詳しかったですが、何を元にして作ったのですか」と問われ、「私の記憶です」と述べた[13]。また裁判官から「メモなどは取らなかったのですか」と問われ「一切取っていません」と回答した[13]。さらに裁判官の「記憶を喚起するものもなく、報告書を作られたんですか」との問いに「そうですね」と述べた[13]

主な担当事件[編集]

陸山会事件
東京地検特捜部に勤務していた際に担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 弁護士等プロフィール ~八重洲総合法律事務所の弁護士・会計士・税理士をご紹介します”. 八重洲総合法律事務所. 2015年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 田代検事およびその上司に対する刑事告発について”. 健全な法治国家のために声をあげる市民の会. 2013年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c 【陸山会事件】虚偽捜査報告書作成の田代検事が辞職 上司らも処分”. MSN産経ニュース (2012年6月27日). 2013年9月9日閲覧。
  4. ^ 小沢一郎氏「土地取引で強制起訴も無罪判決」全文を一挙公開(PDFファイル内)”. NEWSポストセブン (2012年5月7日). 2013年9月9日閲覧。
  5. ^ 「石川録音文字起こし(と思われるもの)」
  6. ^ 「田代・斎藤・木村報告書(と思われるもの)」
  7. ^ 「指揮権発動について再び首相と会う前日に更迭された」、「小沢裁判の虚偽報告書問題は『検事の勘違い』などではない!!」小川敏夫前法務大臣に真相を聞いた(現代ビジネス)
  8. ^ 陸山会事件「記憶の混同」、元検事に不起訴不当 読売新聞 2013年4月22日
  9. ^ 2013/8/12”. 健全な法治国家のために声をあげる市民の会. 2013年9月9日閲覧。
  10. ^ a b 【小沢被告第9回公判(6)】捜査報告書は「虚偽」!? 説得経緯…隠し録音と大きな隔たり”. MSN産経ニュース (2011年12月15日). 2013年9月9日閲覧。
  11. ^ 【小沢被告第9回公判(7)】「12月だろうが、3月だろうが変わんねーからさ」 弁護側「検察官調書ってそういうものですか」”. MSN産経ニュース (2011年12月15日). 2013年9月9日閲覧。
  12. ^ a b 【小沢被告第9回公判(8)】「寝ているとき以外は事件のこと考えていた」 特捜検事、色をなして反論”. MSN産経ニュース (2011年12月15日). 2013年9月9日閲覧。
  13. ^ a b c 【小沢被告第9回公判(9)】「危険な調べという自覚は?」 裁判官の指摘に検事「軽口でした」”. MSN産経ニュース (2011年12月15日). 2013年9月9日閲覧。

関連項目[編集]