田中良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 良一(たなか よしかず、1924年1月30日[1] - 2019年?[2])は、昭和から平成時代の労働運動家全日本労働総同盟(同盟)最後の書記長。政策研究フォーラム顧問[3]

経歴[編集]

大阪府生まれ。1941年大阪市立扇町商業学校卒。武田長兵衛商店(1943年武田薬品工業に商号変更)に入社。1945年陸軍予備士官学校[1]。1949年武田薬品工業労組中央執行委員。1953年同労組副委員長、全国化学一般労働組合同盟(全化同盟)中央執行委員。1959年日本労働組合総同盟(総同盟)大阪府連副会長。1962年総同盟中央執行委員。1965年武田薬品工業労組委員長。1966年全化同盟会長。1970年全日本労働総同盟(同盟)副会長。1980年同盟書記長[4]、労働戦線統一準備会幹事[5]。1987年全日本民間労働組合連合会(民間連合)初代副会長[6]友愛会議副議長[7]。1989年日本労働組合総連合会(連合)初代副会長[8]

1978年から3期9年にわたって国際労働機関(ILO)の労働側理事を務めた[9]。1982年6月の第68回総会で日本人初の副議長を務め、「サムライ」[10]、「ミスターサムライ」と呼ばれた[4]。OECD-TVAC(OECD労働組合諮問委員会)副会長[4]日本生産性本部理事も務めた[1]。1980年8月にポーランドの政府と労働者の間で政労合意書が署名された後、同年9月から10月にワルシャワを訪問した[11]。11月に総評富塚三夫事務局長らもポーランドを訪問し、1981年春にレフ・ヴァウェンサをはじめとする「連帯」代表団が訪日した[12]

著書[編集]

  • 『サムライ議長のジュネーブ日記――ILO理事の9年間』(読売新聞社、1988年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 平凡社教育産業センター編『現代人名情報事典』平凡社、1987年、935頁
  2. ^ 梅澤昇平連合30年、やるべきこと、やらなくていいこと国家基本問題研究所(2019年12月3日)
  3. ^ 役員体制(2011・12年度) 政策研究フォーラム
  4. ^ a b c 高木郁朗監修、教育文化協会編『日本労働運動史事典』明石書店、2015年、231-232頁
  5. ^ 全民労協編『全民労協運動史』全民労協運動史刊行委員会、1992年
  6. ^ 『日本労働年鑑 第58集 1988年版』 (PDF) 法政大学大原社会問題研究所
  7. ^ 『日本労働年鑑 第58集 1988年版』 (PDF) 法政大学大原社会問題研究所
  8. ^ 法政大学大原社会問題研究所編『日本労働年鑑 第60集 1990年版』労働旬報社、1990年
  9. ^ 大阪社会労働運動史編集委員会編『大阪社会労働運動史 第8巻』大阪社会運動協会、発売:有斐閣、1999年
  10. ^ 『日本労働年鑑 第54集 1984年版』 (PDF) 法政大学大原社会問題研究所
  11. ^ 梅田芳穂「日本の「連帯」 (PDF) 」Forum Poland
  12. ^ 日本・ポーランド関係話題集 (PDF) 在ポーランド日本国大使館(2011年10月)