梅澤昇平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅澤 昇平(うめざわ しょうへい、1941年11月28日 - )は、日本の政治学者

概要[編集]

北海道岩見沢生まれ。早稲田大学政経学部政治学科卒業。民社党本部に勤務。同党で約30年間政策立案に携わる。政策審議会事務局長、政策審議会副会長、広報局長、中央執行委員、厚生大臣政務秘書官等を歴任し、尚美学園大学総合政策学部教授。2012年定年退任。新しい歴史教科書をつくる会監事。国家基本問題研究所副評議員長。民間憲法臨調運営委員、日本再生国民会議常務理事。政策研究フォーラム理事。維新政党・新風講師。主に、政党政治安全保障社会福祉を研究している[要出典]。姉はノンフィクション作家のドウス昌代[要出典]

民社党時代、機関紙上でタイラ新一のペンネームを使い自民党・社会党・共産党批判を展開した[要出典]

1986年7月、第14回参議院議員通常選挙の比例区に民社党公認(名簿13位)で出馬、落選。

1992年7月、第16回参議院議員通常選挙の比例区に民社党公認(名簿5位)で出馬、落選。

首相公選制には反対の立場を取っており、問題点を指摘している[要出典]

著書[編集]

  • 『現代福祉政策の形成過程』中央法規出版 1998
  • 『野党の政策過程』芦書房 2000
  • 『皇室を戴く社会主義』展転社 2013
  • 『安部磯雄と西尾末廣 日本の民主社会主義の系譜』桜耶書院 2016

外部リンク[編集]