田中義能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中義能

田中 義能(たなか よしとう、1872年10月14日明治5年9月12日) - 1946年昭和21年)3月4日)は、神道学者。

山口県出身。1903年東京帝国大学文科大学哲学科卒。東洋大学教授、第五高等学校教授、國學院大學教授を歴任。1920年東京帝国大学文学部助教授、神道学講座を担当。1933年定年退官、帝国女子専門学校校長。のちの相模女子大学の設立に努めるが急死。神道学会、神道青年連盟協会を設立。女婿は国文学者の次田真幸

著書[編集]

  • 『系統的西洋教育史』同文館 1908
  • 『最新科学的教育学』同文館 1909
  • 『神道本義』日本学術研究会 1910 のち皇學館
  • 『家庭教育学』同文館 1912
  • 本居宣長の哲学』日本学術研究会 1912
  • 『神道史綱要』日本学術研究会 1915
  • 『神道大意』日本学術研究会 1915
  • 『国民道徳要領講義』日本学術研究会 1918
  • 『神道哲学精義』日本学術研究会 1918
  • 『神道講演』日本学術研究会 1923
  • 『神社本義』日本学術研究会 1926
  • 『倫理学概論』日本学術研究会 1927
  • 古事記概説』日本学術研究会 1929
  • 黒住教の研究』日本学術研究会 1932
  • 『国民理想の確立』青年教育普及会 1932
  • 心学概説』日本学術研究会 1932
  • 『神道禊教の研究』日本学術研究会 1932
  • 『神道修成派の研究』日本学術研究会 1932
  • 『日本思想史概説』日本学術研究会 1932 のち明治書院
  • 『武士道概説』日本学術研究会 1932
  • 『かむながらの神道の研究』日本学術研究会 1933
  • 『系統的西洋教育史 昭和版』東洋図書 1933
  • 大社教の研究』日本学術研究会 1933
  • 天理教の研究』日本学術研究会 1933
  • 金光教の研究』日本学術研究会 1934
  • 『神道扶桑教の研究』日本学術研究会 1934
  • 『神道神習教の研究』日本学術研究会 1935
  • 『神道神理教の研究』日本学術研究会 1935
  • 『皇国伝統の精神』新更会刊行部 1936
  • 『神道概論』日本学術研究会 1936 のち明治書院
  • 『神道大成教の研究』日本学術研究会 1936
  • 日本書紀概説』日本学術研究会 1938
  • 『神道実行教の研究』日本学術研究会 1939
  • 『神道本局の研究』日本学術研究会 1939
  • 『神道御嶽教の研究』日本学術研究会 1939
  • 平田篤胤之哲学』明治書院 1944
  • 『神道十三派の研究』第一書房 1987

校注[編集]

  • 平田篤胤『日本先哲叢書 第3 古道大意』校註 広文堂書店 1936
  • 『復古神道』校 春陽堂 大日本文庫 神道篇 1936

参考[編集]