田中理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中理
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1942-09-15) 1942年9月15日(78歳)
身長 167
血液型 A
競艇選手情報
所属 東京支部
登録番号 1849
登録期 16期
選手実績
デビュー日 1964年
選手引退日 2005年
通算勝利 1990勝
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

田中 理(たなか おさむ、1942年9月15日 - )は、茨城県出身の元ボートレーサー

来歴[編集]

大田区立東浦中学校を卒業後は東芝蒲田工場で5年9ヶ月勤務し、競艇選手に転向。

1964年4月にデビューすると、「1等を取る競走をする」をモットーに活躍。一時は記念戦線の一角にいた事もあるほど勢いがあったが、2002年前期にはB1に転落。2004年2月に怪我で4ヶ月欠場するが、後期には6期ぶりのA2級復帰を果たす。最後の優勝は1997年6月15日唐津一般戦(3号艇5コースからまくり差し)で[1]、最後の優勝戦進出は2003年9月25日芦屋一般戦「日本財団会長杯争奪戦競走」であった(結果は4号艇4コース進入で5着)[2]2005年4月8日宮島一般戦「桜花賞競走」2日目1Rで通算1990勝(1号艇1コースから逃げ切り)を挙げ[3]、2000勝まで残り10勝であったが、23日徳山「一般競走」3日目1Rが最後の出走となった(3号艇3コース進入で6着)[4]。同年引退。

脚注[編集]

関連項目[編集]