田中清光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中清光(たなか きよみつ/せいこう、1931年3月19日- )は、日本の詩人

長野県更級郡稲荷山町(現・千曲市)生まれ[1]。旧制上田中学(現長野県上田高等学校)卒。八十二銀行の銀行員として45歳まで勤務する。1952年「愛と生命のために」を発表。詩誌「アルビレオ」「花粉」「オルフェ」などの同人となる。戦前の「四季」派につながるリリシズムの詩集、詩論を刊行。94年『風の家』で日本詩人クラブ賞受賞。97年『岸辺にて』で詩歌文学館賞。2001年「再生」で山本健吉文学賞受賞。2008年「風景は絶頂をむかえ」で三好達治賞受賞。を愛し、山岳詩と称される作品を多数発表している。千葉県市川市在住。

著書[編集]

  • 立原道造 ユリイカ 1954 (アルビレオ叢書)
  • 立原道造の生涯と作品 ユリイカ 1956
  • 収穫祭 詩集 ユリイカ 1960
  • 詩人八木重吉 麦書房 1969
  • にがい愛 弥生書房 1970
  • 蝶の道 青娥書房 1976
  • 山脈韻律 詩集 麦書房 1976.10
  • 信濃の四季 スキージャーナル 1977.10 (自然と人間シリーズ)
  • 堀辰雄 魂の旅 文京書房 1978.9
  • 信州の鎌倉 塩田平古寺巡礼 クリエイティブセンター 1979.4
  • 安曇野碌山美術館 クリエイティブセンター 1981.8
  • 山上の竪琴 文京書房 1982.6
  • 世紀末のオルフェたち 日本近代詩の水脈 筑摩書房 1985.4
  • 山と詩人 文京書房 1986.4
  • 立山 時事通信社 1987.5
  • 上高地 時事通信社 1988.4
  • 山村暮鳥 筑摩書房 1988.4
  • 山のメルヒェン 文京書房 1989.12
  • 月映の画家たち 田中恭吉恩地孝四郎の青春 筑摩書房 1990.12
  • 詩人の山 わたしの詞華集 恒文社 1994.7
  • 岸辺にて 思潮社 1996.8
  • 大正詩展望 筑摩書房 1996.8
  • 田中清光詩集 思潮社 1998.5 (現代詩文庫)
  • 再生 詩集 思潮社 2000.6
  • 魂鎮め 思潮社 2001.11
  • 終わりと始まりと 思潮社 2003.10
  • 過ぎゆくものに 思潮社 2005.10
  • 風景は絶頂をむかえ 思潮社 2007.5
  • 北方 思潮社 2009.7
  • 三千の日 思潮社 2011.10
  • 夕暮れの地球から 思潮社 2013.10

編纂[編集]

  • 八木重吉 未発表遺稿と回想 吉野とみ子共編 麦書房 1971
  • 八木重吉文学アルバム 筑摩書房 1984.2
  • 山の詩集 串田孫一共編 筑摩書房 1991.7
  • 花の詩集 串田孫一共編 筑摩書房 1995.5

[編集]

  1. ^ 三好達治賞に田中清光さん 詩集「風景は絶頂をむかえ」

参考[編集]

  • 「日本人名大事典」 日外アソシエーツ