田中宏巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 宏巳(たなか ひろみ、1943年3月24日- )は、日本の日本近代史学者。専門は近代日本軍事史。

略歴[編集]

長野県松本市出身。1968年早稲田大学文学部史学科卒。1974年同大学院博士課程満期退学。1977年防衛大学校専任講師。93年教授、2008年定年退職、2011年名誉教授。2012年帝京大学文学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

編纂[編集]

  • 『米議会図書館所蔵占領接収旧陸海軍資料総目録 1992年5月現在』(東洋書林、1995年)
  • 『オーストラリア国立戦争記念館所蔵旧陸海軍資料目録』(緑蔭書房、2000年)

学術論文[編集]

  • 「蒙古二旗成立考」(『軍事史学』6(4)、1971年)
  • 「清朝の興隆と満州の鉱工業 紅夷砲製造を中心として」(『史苑』34(1)、1974年)
  • 「清太祖時代の八旗制度」(『防衛大学校紀要 人文・社会科学編』通号33、1976年)
  • 「新しい軍事史学の構想について」(『軍事史学』13(1)、1977年)
  • 「中国史上における朝鮮の軍事的意義」(同上14(2・3)、1978年)
  • 「東シナ海と対馬・沖縄」(『防衛大学校紀要 人文・社会科学編』通号40、1980年)
  • 「日露戦争におけるロシアの密輸問題 特に英炭獲得問題を中心として」(『国史学』通号114、1981年)
  • 「ナヒモフ拿捕の報告書について」(『軍事史学』16(4)、1981年)
  • 「日清,日露海戦史の編纂と小笠原長生」1-3(同上18(3)・(4)、『防衛大学校紀要 人文・社会科学編』通号47、1982年-1983年)
  • 「忠君愛国的「日露戦争」の伝承と軍国主義の形成 小笠原長生の役割を通して」(『国史学』通号126、1985年)
  • 「昭和7年前後における東郷グループの活動 小笠原長生日記を通して」1-3(『防衛大学校紀要 人文科学分冊』通号51-53、1985年-1986年)
  • 「19世紀後半における清国海軍の消長」1-3(『防衛大学校紀要 人文科学分冊』通号63-65、1991年-1992年)
  • 「太平洋戦争期の日本軍の情報収集と調査研究 米議会図書館所蔵旧陸海軍資料を中心に見て」(『陸戦研究』44(514)、1996年)
  • 「海軍各種委員会の定量的研究 「海軍公報」の記事を中心として」(『日本歴史』通号590、1997年)
  • 「ラバウルに於ける自給自足の歴史的意義」(『海軍史研究』(5)、2000年)
  • 「ニューギニア戦から見た太平洋戦争 時代区分と各期の特徴」(『防衛学研究』(32)、2005年)

公刊史料[編集]

  • 引揚援護庁第二復員局残務処理部編『太平洋戦争開戦前史 開戦迄の政略戦略』(緑蔭書房、2001年)
  • 海軍軍令部編『昭和六・七年事変海軍戦史 初めて公刊される満州事変・上海事変の海軍正史』全4巻、別巻1(影山好一郎との共同監修、緑蔭書房、2001年)
  • 『BC級戦犯関係資料集』(全6巻)(緑蔭書房、2013-2014年)

参考[編集]

外部リンク[編集]