王永慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王永慶
プロフィール
出生: 1917年1月18日
死去: (2008-10-15) 2008年10月15日(91歳没)
出身地: 大日本帝国の旗 大日本帝国台北州
職業: 実業家
各種表記
繁体字 王永慶
簡体字 王永庆
拼音 Wáng Yŏngqìng
和名表記: おう えいけい
発音転記: ワン ヨンチン
テンプレートを表示

王永慶(おう えいけい)は台湾台湾プラスチックグループの創業者。「台湾の松下幸之助」「台湾工業の父」「経営の神様」[1]と言われている。かつては台湾一の富豪とされ、フォーブス2007年度世界長者番付では世界第8位の富豪となった。

人物[編集]

台北県の貧しい家庭に生まれ、15歳の時に米屋の丁稚として働き始めた。一年後には王は自らの店を開き、精米所の経営にも乗り出した。その後、製材業で成功し、台湾政府がプラスチック業の奨励策を打ち出すと、1954年に、王は台湾プラスチックを設立し、4年後には南亜プラスチックを設立した。その後、王は総資産・売上高・従業員数が台湾最大の民間企業に育て上げた。六四天安門事件から5か月後の1989年に、鄧小平中華人民共和国指導者と会談して巨額の対中投資を行う「海滄計画」を決定して台湾政府によって中止に追い込まれるも[2]、中国進出を推し進め続けた。2008年10月15日朝(米東部時間)になって体調が悪くなり、ニュージャージー州の病院に搬送されたが9時38分に死去した。親交のあった郭台銘鴻海精密工業会長)は「台湾の産業に最大の損失」と王の死を惜しみ[3]、跪拝したことで話題となった[4]

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 王永慶:經營之神失算”. The Verge. 每日頭條 (2014年10月20日). 2017年12月31日閲覧。
  2. ^ “[big5.china.com.cn/chinese/zhuanti/jyzswyq/621116.htm 王永慶在大陸的事業]”. 中國網 (2004年7月28日). 2017年12月31日閲覧。
  3. ^ 郭董痛悼「台灣最大損失」”. 蘋果日報 (2008年10月17日). 2017年12月31日閲覧。
  4. ^ 郭台銘3度跪別王永慶”. 蘋果日報 (2008年10月25日). 2017年12月31日閲覧。
  5. ^ 上海科技大学召开校务委员会第一届第二次会议 任命王雪红为信息科学与技术学院院长