猪股裕紀洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猪股 裕紀洋(いのまた ゆきひろ、1953年昭和28年)3月29日 - )は、日本外科医小児外科学者、移植外科学者、医学博士。元熊本大学医学部附属病院病院長、元熊本大学副学長、熊本大学名誉教授。

略歴[編集]

新潟県新潟市出身。1971年昭和46年)3月に新潟高等学校を卒業、1977年(昭和52年)3月に京都大学医学部医学科を卒業、1986年(昭和61年)3月に京都大学大学院医学研究科医学専攻博士課程を修了。

2000年平成12年)8月に熊本大学医学部附属病院小児外科教授に就任、2002年(平成14年)4月に熊本大学医学部小児外科学講座教授に就任、2003年(平成15年)4月に熊本大学大学院医学薬学研究部小児外科学分野教授に就任。

2009年(平成21年)4月に熊本大学医学部附属病院病院長に就任、2010年(平成22年)11月15日に熊本大学医学部附属病院で手術を執刀、日本国内最年少の生後13日の新生児生体肝移植に成功[1][2][3]

年譜[編集]

編書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

学職
前回:
島津元秀
日本移植学会総会会長
第51回:2015年
次回:
相川厚
前回:
西島栄治
 日本小児外科学会秋季シンポジウム会長 
第31回:2015年
次回:
中野美和子