狩野宗秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狩野 宗秀(かのう そうしゅう、 天文20年(1551年) - 慶長6年11月頃(1601年) は、安土桃山時代狩野派絵師狩野松栄の次男で、狩野永徳の弟。名は元秀、秀(季)信。宗秀(周)は号。

経歴[編集]

「織田信長像」

元亀2年(1572年)21歳の時、永徳と共に豊後国大友宗麟に招かれ障壁画を描く(現存せず)。天正4年(1576年安土城障壁画制作では、永徳から家屋敷を預けられ[1]、その留守を守った。これは、万が一障壁画制作に失敗し織田信長から不興を買った場合、咎めが狩野派全体に及ぶのを危惧しての保険と見られる。天正10年(1582年羽柴秀吉が、姫路城殿舎の彩色のために、宗秀を播磨国に招いている(「那須家文書」)。天正18年(1590年)、天正度京都御所造営では永徳を補佐し障壁画製作に参加する。文禄3年(1594年)制作の「遊行上人絵」に「狩野法眼」とあり、この頃には法眼に叙されていたことが分かる。慶長4年(1599年)、桂宮家御殿造営にあたり甥の光信を補佐し障壁画制作に参加する。慶長6年(1601年)11月頃、光信に息子・甚之丞の後見を依頼しつつ亡くなった[1]

本朝画史』では、「画法を専ら兄永徳に学び、よく規矩を守ったが、父兄には及ばなかった」と評している。また、同書収録の「本朝画印」では、「筆法専ら永徳に似て荒らし」とその画風を記している。

画系に、先述の実子で父と同じく「元秀」を名乗った真設甚之丞、また元和から寛政頃の作品が残る狩野重信も門人とされる。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款・印章 備考
織田信長 1幅 長興寺 1583年(天正11年)6月 重要文化財
四季花鳥図屏風 紙本金地著色 六曲一双 大阪市立美術館 天正末年頃 重要文化財[2][3]
遊行上人絵 紙本著色 10巻 山形市光明寺 1594年(文禄3年) 重要文化財。各巻の奥書や外箱の墨書きから、最上義光1594年文禄3年)7月7日に寄進したが、何らかの事情で最上家の手元に置かれていたものを、1631年寛永8年)に最上義俊が改めて光明寺に寄進したことがわかる。  
日禎上人画像 絹本著色 1幅 京都国立博物館 1596年(文禄5年)
三十六歌仙図扁額 板地著色 36面 豊国神社 1599年慶長4年)
柳図屏風 紙本金地著色 六曲一隻 相国寺承天閣美術館 晩年の作 「元秀」朱文壺形印 宗秀作品の中で現存唯一の大画(モチーフを近接拡大した桃山時代特有の絵画様式)の遺作。
洛中洛外図扇面貼付屏風 紙本金地著色 二曲一隻 出光美術館
都の南蛮寺図 紙本金地著色 扇1面 神戸市立博物館 元は「京名所扇面画帖」2帖全60枚のうちの1点。現在は、個人蔵1帖(30図)、上記の出光美術館、東京国立博物館[1]東京芸術大学大学美術館[2][3]など諸家に分蔵。その中でも本図は、同時代に南蛮寺を描いた貴重な作例である。
韃靼人狩猟図屏風[4][5] 紙本金地著色 六曲一双 サンフランシスコ・アジア美術館ブランデージコレクション 伝狩野宗秀。息子の真設甚之丞の作とする説もある。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 古画備考』収録の「狩野光信宛宗秀遺言状」
  2. ^ 平成26年8月21日文部科学省告示第98号
  3. ^ 1941年9月24日付けで重要美術品に認定されていた(『重要美術品等認定物件目録』(思文閣、1972)、p.418)。

参考文献[編集]

  • 土居次義 「豊国神社の歌仙扁額について ─狩野宗秀研究資料」「狩野宗秀に関する一考察 ─日禎上人像を中心として」、『近世日本絵画の研究』所収、美術出版社、1970年
  • 『週刊朝日百科 世界の美術119 安土桃山時代の絵画』 朝日新聞社、1980年
  • 町田右 「狩野宗秀筆四季花鳥図屏風における構図の対称性について 」『美術史学』第10号、東北大学文学部美学美術史研究室、1988年3月、pp.25-37
  • 『日本人名大辞典』 講談社、2001年 ISBN 978-4-0621-0800-3
  • 並木誠士 「狩野宗秀「遺言状」をめぐる考察」、古画備考研究会編 『原本『古画備考』のネットワーク』 思文閣出版、2013年2月、ISBN 978-4-7842-1674-1
展覧会図録
  • 京都国立博物館編集 『特別展覧会 狩野永徳』 2007年
  • 最上義光歴史館編集 『特別展 重要文化財 光明寺本 遊行上人絵 ─最上義光 没後四百年記念 全巻公開─』 山形市発行、2013年9月
  • 京都国立博物館 毎日新聞社編集 『特別展覧会 桃山時代の狩野派─永徳の後継者たち─』 毎日新聞社 NHK京都放送局 NHKプラネット近畿、2015年4月7日