コンテンツにスキップ

「イアン・クロッカー」の版間の差分

lk調整
(lk調整)
| medaltemplates =
{{MedalSport|男子 [[競泳]]}}
{{MedalCompetition|[[夏季オリンピックの競泳競技|オリンピック]]}}
{{MedalGold|[[2000年シドニーオリンピックにおける競泳競技|2000]]|4x100mメドレーリレー}}
{{MedalGold|[[2004年アテネオリンピック (2004年) における競泳競技|2004]]|4x100mメドレーリレー}}
{{MedalGold|[[2008年北京オリンピックにおける競泳競技|2008]]|4×100mメドレーリレー}}
{{MedalSilver|[[2004年アテネオリンピック (2004年) における競泳競技|2004]]|100mバタフライ}}
{{MedalBronze|[[アテネオリンピック (2004年) における競泳競技|2004]]|4x100mフリーリレー}}
{{MedalCompetition|[[世界水泳選手権|世界選手権]]}}
{{MedalSilver|[[2001年世界水泳選手権|2001]]|100mバタフライ}}
 
== 経歴 ==
2000年の[[2000年シドニーオリンピック]]では100mバタフライで4位だったが、メドレーリレーで金メダルを獲得、2001年の[[2001年世界水泳選手権|福岡世界選手権]]では100mバタフライで銀メダルを獲得する。
 
2003年の[[2003年世界水泳選手権|バルセロナ世界選手権]]では100mバタフライで50秒98の世界新記録で[[マイケル・フェルプス]]に勝って金メダル、50mバタフライで銀メダル、メドレーリレーで金メダルを獲得。
 
2004年の[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]代表選考会では、100mバタフライで自らの世界記録を更新する50秒76を出して代表に選ばれるが、本番ではフェルプスに100分の4秒及ばず、銀メダルに終わった。メドレーリレーではフェルプスから決勝を譲られ、[[アーロン・ピアソル]]、[[ブレンダン・ハンセン]]、[[ジェイソン・レザク]]とともに世界新記録で金メダルを獲得した。だが、クロッカーはアメリカから100m自由形に出場した選手の中では一番速かったため、仮にフェルプスがバタフライを泳いでもアンカーとして自由形を泳いでいたと考えられる。
 
2005年の[[2005年世界水泳選手権|モントリオール世界選手権]]では[[世界水泳選手権]]の100mバタフライでフェルプスに勝ち、50秒40の世界新記録で優勝。50mバタフライでは銀メダル、メドレーリレーで金メダルを獲得、2007年の[[2007年世界水泳選手権|メルボルン世界選手権]]では、50mバタフライと100mバタフライで銀メダル、予選を泳いだメドレーリレーでは自らのフライングにより失格になった。
 
2008年の[[2008年北京オリンピック|北京オリンピック]]では100mバタフライで4位に終わった。メドレーリレーの予選に出場して金メダルに貢献した。
 
== 自己ベスト ==