「四職」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
[[室町幕府]]の軍事指揮と京都市中の警察・徴税等を司る[[侍所]]の長官(頭人、所司)に交代で任じられた[[守護大名]]の[[赤松氏]]、[[一色氏]]、[[京極氏]]、[[山名氏]]の4氏を指して「'''四職'''」と称する。ただし、実際はこの4家と並んで[[土岐氏]]([[美濃国|美濃]]・[[伊勢国|伊勢]]・[[尾張国|尾張]]守護)と[[今川氏]]([[駿河国|駿河]]・[[遠江国|遠江]]・尾張守護・[[九州探題]])もしばしば侍所頭人に任じられており、これも含んで「'''六職'''」とするのが相当であるとする説もある(但し[[相伴衆]]に列する四家に比べて土岐・今川の両家は明らかに家格が劣る為、'''侍所頭人に就任する相伴衆'''を以って四職と呼称した可能性がある)。いずれも[[源氏]]を[[本姓]]とする。
 
四職は、応永5年([[1398年]])に室町幕府3代将軍[[足利義満]]により制定され<ref>『[[南方紀伝]]』</ref>、[[伊勢氏]]、[[上杉氏]]、土岐氏を加えて「[[七頭]]」と称し、三[[管領]]家([[細川氏]]、[[斯波氏]]、[[畠山氏]])と並び、幕府の宿老として中央政治に参与した。また、京都の警察権を担うため[[山城国|山城]]守護を兼帯することが多かった。永享12年([[1440年]])以降、[[山名宗全]]、[[京極持清]]、[[一色教親]]が侍所頭人に就任した。応仁元年([[1467年]])から文明9年([[1477年]])まで続いた[[応仁の乱]]時には、四氏のうち山名宗全・[[一色義直]]は西軍に、京極持清・[[赤松政則]]は東軍に分かれた。文明3年([[1471年]])赤松政則が侍所頭人に就任、文明17年([[1485年]])に[[京極材宗]]が侍所頭人に就任したが、明応2年([[1493年]])の[[明応の政変]]以降、[[畿内]]の争乱や守護の在国化等のため空席となり自然消滅した。
匿名利用者

案内メニュー