コンテンツにスキップ

「大宰帥」の版間の差分

m
主な大宰帥の一覧を更新。
m (リスト作成(一部のみ。。)
m (主な大宰帥の一覧を更新。)
[[大宝律令]]以後、「大宰帥」の称号が成立し、[[親王]]は三品もしくは四品、[[臣下]]であれば[[従三位]](場合によっては[[正三位]])が任じられた。初期は[[大伴旅人]]の例のように[[大納言]]以上への昇進への足がかりとなる場合もあった。だが、こうした大宰帥は[[弘仁]]年間の[[多治比今麻呂]]が最後となる。また、この段階でも通常[[参議]]や[[中納言]]が兼務して転任する事を逆手に取って、兼務の職の重要性を盾に現地に赴任せず[[季禄]]や[[職分田]]などの特権のみを受けて[[遙任]]を行う者もいた。
 
[[大同_(日本)|大同]]元年([[806年]])、[[桓武天皇]]の子・[[伊予親王]]が遙任で大宰帥に任じられ、弘仁14年([[823年]])の大宰府管区内での[[公営田]]設置を機に[[親王任国]]と同様に[[親王]](当時は[[葛原親王]])が任命されるのが慣例となり、こうした[[皇族]]を「'''帥宮'''(そちのみや)」と呼称した。しかし、実際の政務は臣下から[[大宰帥|大宰権帥]]あるいは[[大宰大弐|大弐]](任命された者が中納言級ならば権帥、参議級ならば大弐)が派遣されるものとされた。
 
ただし、この規定は親王任国の場合と違ってあくまでも[[慣習法]]であり、[[律令]]あるいは[[格式]]で定まったものではなかったため、事情によっては非皇族の大宰帥が任命される事もあり得た。[[長保]]3年([[1001年]])の[[平惟仲]]、[[治承]]3年([[1179年]])の[[藤原隆季]]がその例であるが、前者は左遷(実質[[流罪]])による権帥([[藤原伊周]])の後任権帥になるのを嫌ったため、後者は左遷による権帥([[藤原基房]])の監視のためのもの(ただし、実際には[[備前国]]配流となったため帥の赴任も中止された)であった。
</tr>
<tr><td>[[大伴宿禰安麿|大伴宿禰安麿]]</td><td>[[705年]] - [[708年]]</td><td>[[文武天皇|文武]]、[[元明天皇|元明]]</td><td>&nbsp;</td></tr>
<tr><td>[[朝臣真人|田朝臣真人]]</td><td>708年 - [[711年]]</td><td>元明</td><td>&nbsp;</td></tr>
<tr><td>[[多治比池守|多治比真人池守]]</td><td>[[715年]] - [[717年]]</td><td>[[元正天皇|元正]]</td><td>或大弐云々</td></tr>
<tr><td>[[藤原縄主|藤原縄主]]</td><td>[[806年]] - [[812年]]</td><td>[[平城天皇|平城]]、[[嵯峨天皇|嵯峨]]</td><td>&nbsp;</td></tr>
<tr><td>[[多治比今磨|多治比今磨]]</td><td>[[820年]] - [[825年]]</td><td>嵯峨、[[淳和天皇|淳和]]</td><td>&nbsp;</td></tr>
 
</table>
1,141

回編集