「EUREKA (映画)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
九州で起きたバスジャック事件によって、心に深い傷を負った運転手の沢井、中学生の直樹と小学生の梢の兄妹は、人生の再生をかけた旅に出る。
 
[[ヴィム・ヴェンダース]]監督の「[[さすらい]]」の影響を強く受けている(青山真治監督は後にヴェンダース監督作品のDVDの解説書を書いている)。
第53回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞、ベルギー王立フィルムアーカイブ・グランプリ受賞。
 
匿名利用者

案内メニュー