利用者の投稿記録

Jump to navigation Jump to search
投稿の検索
 
 
      
 
   

日時は個人設定で未設定ならUTC

(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示

  • 2018年9月24日 (月) 08:09 (差分 | 履歴) . . (+167). . 雑賀党鈴木氏(「その重義の跡は、鈴木重朝の次男重信の子である重井の子重春であるが、この重春の時に鈴木家は名字を雑賀と改めた」等の文章の追加と校正。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 17:24 (差分 | 履歴) . . (+59). . 浄土宗(「本山を佛向寺とする天童派が」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 17:15 (差分 | 履歴) . . (+14). . 浄土宗(校正をしました。)
  • 2018年9月16日 (日) 17:13 (差分 | 履歴) . . (-4). . 浄土宗西山禅林寺派(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 17:11 (差分 | 履歴) . . (+201). . 西山浄土宗(「1948年(昭和23年)、西山浄土宗から曼陀羅寺を本山とする浄土宗西山曼陀羅寺派が分派するが、1961年(昭和36年)、再び西山浄土宗に合流した」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 17:09 (差分 | 履歴) . . (+205). . 浄土宗西山深草派(「1951年(昭和26年)、浄土宗西山深草派から真宗院を本山とする深草浄土宗が分派するが、1966年(昭和41年)、再び浄土宗西山深草派に合流した」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 17:02 (差分 | 履歴) . . (+70). . 三菱重工業(「三菱造船に三菱航空機(初代)が吸収合併され」の文章の追加。)
  • 2018年9月16日 (日) 16:58 (差分 | 履歴) . . (+460). . 進士氏(「天文20年(1551年)、将軍足利義輝は政所執事伊勢貞孝邸で三好長慶が酒宴を行うとの情報を得て、その場で長慶を暗殺しようと奉公衆の進士賢光を伊勢邸に派遣した。賢光は酒宴中に長慶に抜刀して向かっていったが軽傷を負わせたのみで暗殺には失敗してしまい、その場で自害して果てた」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 16:48 (差分 | 履歴) . . (+119). . 一心院(「1950年(昭和25年)に浄土宗から一心院を本山とする浄土宗捨世派が分派した」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 09:08 (差分 | 履歴) . . (+614). . 知恩院(「1947年(昭和22年)、法然上人御廟を中心とする「一宗一元運動」を提唱し、知恩院は自らを本山とする本派浄土宗(後に浄土宗本派に改称)を結成し、浄土宗から分派する。1950年(昭和25年)には法然上人御廟の向かいにある一心院が浄土宗捨世派を結成して浄土宗から分派した。しかし、1961年(昭和36年)の法然上人750年忌を機に、翌1962年(昭和37年)に知恩院と浄土宗本派は浄土宗に合流し、知恩院が再び浄土宗の総本山となった」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 09:00 (差分 | 履歴) . . (+1). . 浄土宗(校正をしました。)
  • 2018年9月16日 (日) 09:00 (差分 | 履歴) . . (+210). . 曼陀羅寺(「1948年(昭和23年)、西山浄土宗から曼陀羅寺を本山とする浄土宗西山曼陀羅寺派として分派するが、1961年(昭和36年)、西山浄土宗に合流する」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月16日 (日) 08:58 (差分 | 履歴) . . (0). . 浄土宗(校正をしました。)
  • 2018年9月16日 (日) 08:55 (差分 | 履歴) . . (+3,637). . 浄土宗(大幅に文章を追加。)
  • 2018年9月16日 (日) 07:58 (差分 | 履歴) . . (+494). . 知恩院(「また、戦国時代には縁誉称念による専修念仏集団一心院流(捨世派)が成立して鎮西義から分派し、天文17年(1548年)に法然上人御廟の向かいに一心院を建立している」の文章の追加。)
  • 2018年9月13日 (木) 13:59 (差分 | 履歴) . . (+273). . 佐々木信綱(「続けて、藤原氏である頼経の姓を源氏に改姓する為に関白近衛家実に報告をしてから奈良の春日大社に赴くが、春日大明神の託宣が出て頼経の源氏への改正は認められなかった」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 13:52 (差分 | 履歴) . . (+225). . 貞慶(「その間の文治2年(1186年)には大原勝林院で法然や重源によって行われた大原問答に出席している」等の文章の追加と校正。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 13:43 (差分 | 履歴) . . (+721). . 法然(「文治2年(1186年)、以前に法然と宗論を行ったことがある天台僧の顕真が法然を大原勝林院に招請した。そこで法然は浄土宗義について顕真、明遍、証真、貞慶、智海、重源らと一昼夜にわたって聖浄二門の問答を行った。これを「大原問答」と呼んでいる。念仏すれば誰でも極楽浄土へ往生できることを知った聴衆たちは大変喜び、三日三晩、断えることなく念仏を唱え続けた。なかでも重源は翌日には自らを「南無阿弥陀仏」と号して法然に師事した」等の文章の追加と校正。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 13:43 (差分 | 履歴) . . (+640). . 重源(「文治2年(1186年)、天台僧の顕真が法然を大原勝林院に招請し、そこで法然は浄土宗義について顕真、明遍、証真、貞慶、智海、重源らと一昼夜にわたって聖浄二門の問答を行った。これを「大原問答」と呼んでいる。念仏すれば誰でも極楽浄土へ往生できることを知った聴衆たちは大変喜び、三日三晩、断えることなく念仏を唱え続けた。なかでも重源は翌日には自らを「南無阿弥陀仏」と号し、法然に師事した」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:50 (差分 | 履歴) . . (+62). . 知恩寺(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:50 (差分 | 履歴) . . (+66). . 知恩院(校正をしました。)
  • 2018年9月13日 (木) 12:37 (差分 | 履歴) . . (+33). . 二尊院(「嵯峨門徒の拠点となった」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:36 (差分 | 履歴) . . (+45). . 金戒光明寺(「白川門徒の拠点となった」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:32 (差分 | 履歴) . . (+38). . 九品寺 (京都市)(「九品寺義の拠点となった」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:29 (差分 | 履歴) . . (+15). . 長楽寺 (京都市)(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:28 (差分 | 履歴) . . (+44). . 善導寺 (久留米市)(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:24 (差分 | 履歴) . . (+39). . 善導寺 (久留米市)(「浄土宗鎮西義の拠点となった」の文章の追加。)
  • 2018年9月13日 (木) 12:23 (差分 | 履歴) . . (+43). . 三鈷寺(「浄土宗西山義の拠点となった」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 12:15 (差分 | 履歴) . . (+224). . 知恩院(「さらに天正3年(1575年)には正親町天皇より浄土宗本寺としての承認を受け、諸国の浄土宗僧侶への香衣付与・剥奪の権限を与えられた(「毀破綸旨」)」の文章の追加。)
  • 2018年9月13日 (木) 12:10 (差分 | 履歴) . . (+761). . 知恩寺(「建治2年(1276年)、鎮西義の弁長の弟子良忠が鎌倉からやってくると、間もなくして紫野門徒の知恩寺3世信慧は東山の赤築地(あかつじ)において良忠と談義を行った。そこで両流を校合してみたところ、相違するところが全くなく符合したので、以後源智の門流は別流を立てずに、鎮西義に合流することとなった(「赤築地の談」)。 これにより、紫野門徒の拠点であった知恩寺と知恩院は鎮西義の京都での有力な拠点となった」等の文章の追加と校正。)
  • 2018年9月13日 (木) 12:09 (差分 | 履歴) . . (+917). . 知恩院(「建治2年(1276年)、鎮西義の弁長の弟子良忠が鎌倉からやってくると、間もなくして紫野門徒の百万遍知恩寺3世信慧は東山の赤築地(あかつじ)において良忠と談義を行った。そこで両流を校合してみたところ、相違するところが全くなく符合したので、以後源智の門流は別流を立てずに、鎮西義に合流することとなった(「赤築地の談」)。 これにより、紫野門徒の拠点であった知恩院と百万遍知恩寺は鎮西義の京都での有力な拠点となった」等の文章の追加と校正。)
  • 2018年9月13日 (木) 11:30 (差分 | 履歴) . . (+303). . 源智(「これにより、紫野門徒の拠点であった百万遍知恩寺と知恩院は鎮西義の京での有力な拠点となった」等の文章の追加と校正。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 11:29 (差分 | 履歴) . . (+533). . 良忠(「間もなくして紫野門徒源智の弟子であり、百万遍知恩寺3世の信慧と東山の赤築地(あかつじ)において談義を行った。両流を校合してみたところ、相違するところが全くなく符合したので、以後源智の門流は別流を立てずに、鎮西義に合流した(「赤築地の談」)。 これにより、紫野門徒の拠点であった百万遍知恩寺と知恩院は鎮西義の京での有力な拠点となった」等の文章の追加と校正。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 10:52 (差分 | 履歴) . . (0). . 源智(校正をしました。)
  • 2018年9月13日 (木) 10:51 (差分 | 履歴) . . (+21). . 信空 (浄土宗)(「白川門徒の祖」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 10:42 (差分 | 履歴) . . (+153). . 信空 (浄土宗)(校正をしました。)
  • 2018年9月13日 (木) 10:42 (差分 | 履歴) . . (+24). . 源智(校正をしました。)
  • 2018年9月13日 (木) 10:31 (差分 | 履歴) . . (+9). . 幸西(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 10:27 (差分 | 履歴) . . (+138). . 長西(「念仏以外の諸行も仏の本願であり、諸行を行っても極楽往生はできるとの考えである」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 10:27 (差分 | 履歴) . . (+43). . 隆寛(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 10:27 (差分 | 履歴) . . (+37). . 弁長(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 10:20 (差分 | 履歴) . . (+81). . 証空(「後に証空の流派は西山義と呼ばれていく」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月13日 (木) 09:29 (差分 | 履歴) . . (+564). . 浄土宗(「良忠は上洛すると源智の弟子である紫野門徒知恩寺代3世信慧と「赤築地の談」を行い、鎮西義と紫野門徒の統合を行った」等の文章の追加と校正。)
  • 2018年9月11日 (火) 11:15 (差分 | 履歴) . . (+4). . 犬田城の戦い(校正をしました。) (最新)
  • 2018年9月6日 (木) 15:07 (差分 | 履歴) . . (+753). . 法然(「小山の地に降り立った。そこで法然は念仏を唱えるとひと眠りした。すると夢の中で紫雲がたなびき、下半身がまるで仏のように金色に輝く善導が表れ、対面を果たした(二祖対面)。これにより、法然はますます浄土宗開宗の意思を強固にした。法然はこの地に草庵・白河禅房(現・金戒光明寺)を設けたが、まもなくして弟弟子である信空の叔父円照がいる西山広谷に足を延ばした。法然は善導の信奉者であった円照と談義をし、この地にも草庵を設けた(現・光明寺の南西の地)が」の文章の追加。)
  • 2018年9月6日 (木) 15:07 (差分 | 履歴) . . (+349). . 金戒光明寺(「そこで法然は、うたたねをすると夢の中で紫雲がたなびき、下半身がまるで仏のように金色に輝く善導が表れ、対面を果たした(二祖対面)。これにより、法然はますます浄土宗開宗の意思を強固にした」の文章の追加。)
  • 2018年9月6日 (木) 15:07 (差分 | 履歴) . . (+211). . 藤原是憲(「」等の文章の追加と校正。) (最新)
  • 2018年9月6日 (木) 14:15 (差分 | 履歴) . . (+147). . 瀬島龍三(「この時の日本軍の開戦日の暗号は瀬島考案の「ヒノデハヤマガタ(ヒノデハヤマガタトス)」である」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月6日 (木) 14:12 (差分 | 履歴) . . (+84). . マレー作戦(「大本営陸軍部第1部第2課作戦班班長補佐瀬島龍三少佐考案の」の文章の追加。) (最新)
  • 2018年9月6日 (木) 14:03 (差分 | 履歴) . . (+3). . 八幡宮(校正をしました。)

(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示