牛喰い絶叫大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛喰い絶叫大会(うしくいぜっきょうたいかい)は、大分県由布市湯布院町で開催されるイベント由布岳の麓に広がる牧草地で、豊後牛を食べ、その後に思い思いの言葉を絶叫して、声の大きさや内容のユニークさを競う。

概要[編集]

毎年、体育の日に開催されている。秋の高原の景色と、ユニークな内容の絶叫のため、ニュースなどの題材になりやすく、毎年のように全国放送で紹介されており、観光客が多く訪れる恒例行事となっている。

1970年代に、酪農家の経営難のために放牧地が売られそうになった際に、牛一頭牧場運動で全国から牛のオーナーを募り、オーナーを招待して高原でバーベキュー・パーティーをしたのがきっかけとなって、1976年(昭和51年)に第1回大会が行われ、以来、30回以上を数える。現在は牛一頭牧場運動は終了している。

  • 当日の朝9時から参加申し込みの受付が始まる。会場の広さと準備の都合上、入場は先着600名限定(送迎バスを除く)となっている[1]
  • 10時半に開場[2]。陣笠、敷物(米袋)、肉と野菜セット、おにぎりが渡される。
  • 絶叫大会は12時開始[2]。絶叫者は希望者から抽選で選ばれ、大人70人、子供30人の計100人が、お立ち台の上で絶叫する。
  • 入場券には続き番号が刻印されており、絶叫終了後の13時からはお楽しみ抽選会が行われる[2]
  • 会場内では飲み物や特製スープが販売される。

会場[編集]

  • 例年、やまなみハイウェイ狭霧台近くの牧草地で行われていた。
  • 2008年の34回大会は、由布岳登山口の草原で行われた。
  • 2010年の36回大会以降は、由布市湯布院町並柳の並柳牧場で開催されている。

交通[編集]

できごと[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 由布院牛喰い絶叫大会 全国観るなび 大分県 (日本観光振興協会)
  2. ^ a b c 牛喰い絶叫大会 由布院温泉観光協会
  3. ^ 第42回由布院牛喰い絶叫大会 iナビおおいた(大分放送
  4. ^ [1] 産経新聞 2011年10月11日
  5. ^ 「セシウム牛いらない」大分県議、牛喰い大会で叫ぶ 読売新聞 2011年10月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]