片翼の天使 〜one wing angel〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片翼の天使
~one wing angel~
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 Microsoft Windows 2000/Vista
開発元 チャンネルゼロ(天空ウメ)
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 2005年8月10日
最新版 1.28/ 2007年9月13日
エンジン RPGツクールXP
その他 フリーウェア
要RPGツクールXP RTP
テンプレートを表示

片翼の天使 ~one wing angel~』(かたよくのてんし[1])は、2005年8月10日フリーウェアとして公開されたロールプレイングゲーム。チャンネルゼロによるRPGツクールXP製のファンタジー作品であり、 ベクターにおいて公開されているver.1.28(2007年9月13日更新)が最新版。

概要[編集]

ストーリー[編集]

(出典:[2][3][4][5]

天使の生まれでありながら混血天使と呼ばれる体質であり、感情的になると一時的に悪魔に変身する少女つばめが主人公である。ある時つばめは、天使の国セイブライトを統べる大天使セキレイから、このままではいずれ天使の姿に戻ることができなくなり、それを止めるには下界に存在する輝石の力が必要だと告げられる。つばめは輝石を手に入れるため、親友の天使すずめや幼なじみの悪魔イスカとともに、冒険の旅に出ることになる。前述した3人のほか、一時的に天使に変身する混血悪魔のセッカが旅の途中からパーティメンバーとなる。

ストーリーについては、「数奇な運命を抱えながらも素直な少女つばめと、彼女の仲間たちが繰り広げる“青春活劇”ともいえるもの」[3]「コミカルながらも切ない物語」[4]と評されている。また本作には2種類の異なるエンディングが存在し、ゲームクリア後のイベントも用意されている。

戦闘[編集]

(出典:[6][7][3][4][5]

戦闘はリアルタイム制を採用しており、アタックゲージが満たされたキャラクターから行動できる。味方のキャラクターが連続して攻撃に成功するとコンボとなり有利な効果が得られる。また魔術にはそれぞれ属性があり、敵キャラクターにも弱点となる属性などが存在する。詠唱の際にはキャラクターボイスが流れ、つばめ役は片岡みちか(『ふぃぎゅ@メイト』では挿入歌とエンディングテーマを担当[8])、すずめ役は愛原圭織[9]、イスカ役は紺野柚希、セッカ役は小鳥遊える(『ルセッティア 〜アイテム屋さんのはじめ方〜』ではカイユ役[10])である。

主人公のつばめはHPが残り30%を下回ると[11]、悪魔の姿となり能力も変化する。またパーティメンバー全員が戦闘不能になった際には「リトライ」が選択可能となっている。

制作背景[編集]

作者である天空ウメは、「感情的になると悪魔になる天使」というキャラクターをゲームに登場させると面白いのではないかと思ったのが、制作のきっかけであると述べている[3]。2005年1月23日から制作を開始したといい[12]、RPGを作るのははじめてですべてにおいて苦労したと述べている[3]。RPGツクールXPの機能によって実現できたフルカラーの一枚絵が特徴の作品であり[3][5]、リアルタイム制の戦闘システムも本作の特徴であると述べている[5]。またゲームクリア後の追加要素も用意し、プレイヤーがクリア後も楽しめる作品にしたとしている[3][5]

天空の作品としては、2006年公開の作品『Savior Cat』も知られており、「ストーリー性の高さ、魅力的なキャラ、本編以外の遊び要素の豊富さ、迫力のある演出と、細かな部分にも『プレイヤーを楽しませよう』という意気込みが感じられる」[13]「会話シーンにおけるカットインや、イベント等で流れる動きのあるグラフィック、そして随所のボイスがこの世界観をより魅力的にしている」[14]「多彩なグラフィックにキャラクターボイスと、市販作品に迫る完成度」[15]「深い世界観と練りこまれたストーリーだけをとっても満足できる」[16]と評されている。

なおチャンネルゼロによって制作されたゲームについては、二次創作実況プレイなどの動画配信を認めると作者公式サイトにおいて表明されている。

評価[編集]

ベクターの新着ソフトレビューでは、「スピード感あふれる戦闘システムと美麗なグラフィックが特徴」の作品として紹介されている。戦闘システムについては、「難易度は若干高め」であり「熟考を許さないシステムのため、緊張感をともなったスピード感を味わえる」と評されている。また「重要なイベントでは美麗な一枚絵が雰囲気をより一層盛り上げてくれる」とされ、エンディング後の世界に用意された多くのイベントについても評価されている[3]

『タダで楽しむ!ウインドウズ最強ゲーム100』(PC・GIGA特別集中講座)では、「凝ったグラフィックに注目なファンタジーRPG」として紹介されている。「ストーリーにマッチした美しいグラフィック」が評価されており、「ステータス画面だけではなく、戦闘や重要イベントなど、様々なシーンで豪華なグラフィックを楽しむことができる」と評されている[5]

テックウィンDVD』では、「システムは奇をてらっていないが、物語の中に随所に織り込まれたイベントとキャラクターボイスがストーリーを盛り上げる」と評されている。そしてツクール作品でありながら「ツボを押さえたストーリー展開でプレイヤーをグイグイ引き込む魅力」があり、「パズル的な要素」も多く「飽きることなく一気に遊び尽くせる」と評価されている[17]

『フリーゲームベストヒット』(ツカサムックITシリーズ)では、「システムはシンプルながらも、全体的なまとまりがよい」作品と評価されている。戦闘システムについては、「キャラクターの音声も挿入されており、スリル満点かつ、臨場感あふれるバトルを楽しめるつくり」であると評されている。またイベントシーンにおける一枚絵のグラフィックの挿入など「練られた演出のもとで、天使と悪魔の関係や、主人公の呪われた血といった、深みのある物語を楽しめる」と評価されている[4]

『使って試したからわかる!目的をかなえる無料ツール』(TJMOOK)では、イベントにおける「超高画質の一枚絵」について「迫力は満点」と評されており、「ストーリーの目の付け所から展開、そしてキャラクターやアイテムなどの概念まで細かく確立されている」クオリティの高い作品であるとの読者コメントが掲載されている[18]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ファミ通.com 無料ゲーム RPGツクールXP作品 - ウェイバックマシン(2016年3月30日アーカイブ分)
  2. ^ 片翼の天使 ~one wing angel~ 概要/世界観 チャンネルゼロ
  3. ^ a b c d e f g h 新着ソフトレビュー 片翼の天使~one wing angel~”. Vector. ベクター (2005年8月27日). 2020年6月29日閲覧。
  4. ^ a b c d 『フリーゲームベストヒット 頭のトレーニング編』司書房、2006年、16頁。ISBN 978-4-8128-1329-4
  5. ^ a b c d e f 『タダで楽しむ!ウインドウズ最強ゲーム100 VOL.5』インフォレスト、2006年、22頁。ISBN 978-4-86190-085-3
  6. ^ 片翼の天使 ~one wing angel~ 操作説明 チャンネルゼロ
  7. ^ 片翼の天使 ~one wing angel~ キャラクター紹介 チャンネルゼロ
  8. ^ 片岡みちか 参加企画・仕事履歴 - ウェイバックマシン(2009年12月30日アーカイブ分)
  9. ^ 片翼の天使 ~one wing angel~ スペシャルサンクス チャンネルゼロ
  10. ^ 小鳥遊える 仕事履歴 - ウェイバックマシン(2018年12月9日アーカイブ分)
  11. ^ 片翼の天使~one wing angel~ 攻略ページ 仲間情報 チャンネルゼロ
  12. ^ 片翼の天使 ~one wing angel~ 更新履歴 チャンネルゼロ
  13. ^ 新着ソフトレビュー Savior Cat”. Vector. ベクター (2006年11月11日). 2020年6月29日閲覧。
  14. ^ iP!』2007年4月号、晋遊舎、71頁。
  15. ^ ファミ通.com 無料ゲーム RPGツクールXP作品 Savior Cat - ウェイバックマシン(2015年12月7日アーカイブ分)
  16. ^ 『ゲーム業界激震!次世代フリーゲームの殿堂』英和出版社、2007年、12頁。ISBN 978-4-89986-631-2
  17. ^ テックウィンDVD』2006年1月号、エンターブレイン、104頁。
  18. ^ 『使って試したからわかる!目的をかなえる無料ツール』宝島社、2006年、105頁。ISBN 978-4-7966-5060-1

外部リンク[編集]