幼馴染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
幼なじみから転送)
移動先: 案内検索

幼馴染(おさななじみ)は、幼い頃に親しくしていた友達を言う。

後述のような文化もあってか、現在では異性の(特に初恋の)相手を思い浮かべる人が多いようである。 本来は同性・異性を問わない友達を指し、報道などでは「幼なじみの男性/女性と…」といった表現もなされる。

文化としての幼馴染[編集]

幼馴染の男女を扱った物語は昔からある。例えば『伊勢物語』・『大和物語』の「筒井筒」がそうである。特に幼馴染の男女が再会する展開はしばしば用いられてきた[要出典]。この幼馴染という設定は戦後発達した漫画アニメにおいても活用された。そして、再会する設定だけでなく昔からずっと交遊関係にある設定も用いられてきた。

サブカルチャーにおいて幼馴染がさらに注目されるようになったのは、1990年代から美少女ゲームを中心に、主人公の人間関係を示すのに多用されはじめ、特にメインヒロインの設定として愛用されるようになったことがあげられる。特に、ときめきメモリアルなどの大物タイトルでの登場は、幼馴染ブームの火付け役としては十分なものであった。

このような作品における幼馴染キャラクターの典型的な類型は以下のようなものである。

  • 家が隣同士、もしくは近所で幼少時から家族ぐるみの交流がある。
  • 同じ学校の同じクラスに通っている、あるいは近所であることから登下校を共にする。
  • 友人などから仲をひやかされる状況にある。
  • 昔の出来事や秘密を共有しており、そのことで互いにからかったり、思い出にひたったりする。
  • 相手を恋愛対象として見ていないが、何かのきっかけでそのことに気づかされる。
  • 従兄妹及び従姉弟といった場合、住居を共にしている場合もある。

脚注[編集]