片山楊谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山 楊谷(かたやま ようこく、宝暦10年(1760年) - 享和元年8月24日1801年10月1日))は、江戸時代中期に活躍した長崎派絵師長崎出身。

略伝[編集]

本姓は洞、名は貞雄、通称は宗馬。楊谷は号で、初号に洞勸、別号は画禅窟[1]。一説に「名は温、一に義夫、字は玉如[2]。父は長崎で医者をしていた洞雄山[3][4]、あるいは洞雄敬[1][5]の子として生まれる。一説に父が中国人で、母は日本人とも言われるが定かではない。幼少時に父を亡くしている。

1772年安永元年)13歳で諸国を巡歴して[6]、19歳の時には既に5人の弟子がいるほどの腕前だった[7]。17歳で鳥取の興禅寺に逗留して絵を描き、のちに法美郡桂木村の医師・中山東川の娘を妻とする[6]若桜藩主・池田定常に絵を気に入られ、貞経は楊谷を引き止めるため、1792年寛政4年)鳥取藩士で茶道役の片山家に夫婦とも養子とした[8]。翌年家督を継ぎ、亡くなるまで9年間務めた。

1795年(寛政7年)湯治のため藩の許しを得て京都に行き、画名を得たという[1]円山応挙に弟子入りを請うと、応挙はその画才を見て驚嘆し、弟子ではなく友人として迎えた。また、学芸を好んだ妙法院門主真仁法親王の前で席画を披露する。更にその兄・光格天皇は楊谷を宮中に招き、従五位下位階を与え楊谷に数十幅の画作を依頼する。楊谷が画を完成させ披露すると、天皇はその出来に満足し褒美としてと名硯・石王寺硯を与えた。楊谷はこれを愛用し一生肌身離さなかったいわれる[6]1800年(寛政12年)但馬の山路寺で数多くの障壁画を手掛け、現在兵庫県指定文化財になっている[9]。ところが、但馬の湯村温泉で入浴中、突然発病してにて死亡。享年42。菩提寺は鳥取の興禅寺、または長崎の大音寺

画風は費漢源に近く、その弟子に画法を学んだと推測される。しかし、沈南蘋や他の長崎派の画風も摂取していったことが観察できる。特にそのの絵は、虎の毛を細い線で丹念に表し、「楊谷の毛描き」と呼ばれている。

主な作品[編集]

鳥取県立博物館の企画展「楊谷と元旦 -因幡画壇の奇才-」(2010年(平成22年)5月22日から同年6月20日まで)図録を参照[10]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
陳楠図 紙本墨画淡彩 1幅 104.8x39.6 個人
福禄寿三星図 絹本著色 1幅 100.4x33.7 神戸市立博物館
群仙図 絹本著色 2幅 99.5x36.0(各) 個人
猛虎図屏風 紙本墨画淡彩 六曲一隻 155.2x363.7 鳥取県立博物館 1780年(安永9年)
西王母図 絹本著色 1幅 113.4x38.1 個人
雨中山水図 絹本墨画 1幅 91.2x36.0 個人
鷲図 紙本墨画 1幅 紙本墨画 渡辺美術館
月夜枇杷鳥図 紙本墨画 1幅 100.9x38.1 渡辺美術館 1782年(天明2年)
猛虎図 絹本著色 1幅 127.9x69.7 個人 1783年(天明3年)
故事人物図押絵貼屏風 紙本著色 六曲一双 130.8x42.5(各) 個人 1783年(天明3年)
花王獣王図 絹本著色 1幅 183.0x93.0 鳥取県立博物館 1783年(天明3年)
人物花鳥図押絵貼屏風 紙本墨画 六曲一双 136.0x50.5(端)、136.0x52.8(中) 個人 1783年(天明3年)
猛虎図 絹本著色 1幅 117.8x54.8 個人
樹上猿猴図 絹本著色 1幅 84.9x40.4 個人
猛虎図 絹本著色 3幅 119.3x48.5(各) 個人(鳥取県立博物館寄託 鳥取県指定文化財
日之出に山羊図 絹本著色 1幅 93.3x33.9 長崎歴史文化博物館
旭日波濤に飛鶴図 絹本著色 1幅 94.5x32.7 個人 1786年(天明6年)
西王母・花鳥図 絹本著色 3幅 96.2x37.0(各) 個人 1787年(天明7年)
玉蜀黍に鼠図 絹本著色 1幅 88.3x33.7 鳥取県立博物館 1787年(天明7年)
東方朔・猫・鶴図 絹本著色 3幅 106.7x49.7(各) 鳥取県立博物館 1788年(天明8年)
東方朔・猿・鶴図 絹本著色 3幅 93.8x34.5(各) 個人
墨梅・墨竹図 紙本墨画 3幅 128.0x27.5(各) 兵庫・天隣寺 1790年(寛政2年)
関羽・張飛図 絹本著色 2幅 110.6x54.9(各) 鳥取県立博物館 1791年(寛政3年)
旭日梅花図 絹本著色 1幅 85.8x32.8 個人
滝虎図 絹本著色 1幅 128.2x55.0 鳥取県立博物館
騎牛図 紙本墨画淡彩 1幅 115.1x48.8 個人 1791年(寛政3年)
菊慈童・花鳥図 絹本著色 3幅 98.6x40.3(各) 個人 1791年(寛政3年)
林和靖・山水図 絹本墨画 3幅 101.0x40.4(各) 個人 1791年(寛政3年)
猛虎図屏風 紙本著色 六曲一双 個人
梅に錦鶏鳥図 絹本著色 1幅 55.0x72.3 個人
菊慈童図 絹本著色 1幅 46.5x65.0 個人
蜃気楼図 紙本墨画淡彩 1幅 124.1x43.5 渡辺美術館
菊童子図 絹本著色 1幅 120.0x57.8 長崎歴史文化博物館
虎図 絹本著色 1幅 105.2x44.9 個人
菊之図 絹本著色 1幅 102.8x42.7 長崎歴史文化博物館
楊貴妃図 絹本著色 1幅 54.7x85.2 個人
薔薇に叭々鳥図 紙本墨画淡彩 1幅 115.7x38.5 個人
桃園三傑図 絹本著色 1幅 120.3x56.4 神戸市立博物館
鶴亀図 絹本著色 1幅 125.5x55.5 鳥取・興禅寺 1797年(寛政9年)
猛虎図 絹本著色 1幅 112.5x45.0 鳥取・興禅寺
老松双鶴図 絹本著色 1幅 123.6x54.6 個人
鯉図 紙本墨画淡彩 1幅 129.2x56.6 個人
山水図 絹本墨画 1幅 95.6x40.6 個人
山水図押絵貼屏風 紙本墨画 六曲一双 129.0x54.2~55.2(各) 個人 1796年(寛政8年)
大山眺望図(大山寺山内からの眺望) 紙本著色 1幅 101.0x134.0 鳥取・一行寺 1797年(寛政9年)
大山眺望図(戸上山からの眺望) 紙本著色 1幅 76.0x166.0 鳥取・一行寺 1797年(寛政9年)
大山眺望図(福巌院からの眺望) 紙本著色 1幅 64.4x91.5 米子市立山陰歴史館 1797年(寛政9年)
大山眺望図(中海からの眺望) 紙本著色 1幅 38.0x79.7 米子市立山陰歴史館 1797年(寛政9年)
山水花鳥人物図押絵貼屏風 絹本著色 六曲一双 120.9x53.7 個人
舟遊図 絹本著色 1幅 105.0x40.1 個人
波上舞鶴図 紙本墨画淡彩 1幅 121.2x48.4 個人
虎図 絹本著色 1幅 104.0x42.3 個人
老松図襖 紙本墨画 8面 177.7x91.3 兵庫・山路寺 1800年(寛政12年) 兵庫県指定文化財
渓流猛虎図襖 紙本墨画 16面 8面:177.6x90.5、8面:88.0x109.0 兵庫・山路寺 1800年(寛政12年) 兵庫県指定文化財
牡丹孔雀図襖 紙本墨画 4面 177.5x90.0(各) 兵庫・山路寺 1800年(寛政12年) 兵庫県指定文化財
牡丹孔雀図屏風 紙本墨画 二曲一隻 159.5x157.0 兵庫・山路寺 1800年(寛政12年) 兵庫県指定文化財
竹林七賢図小襖 紙本金地墨画 2面 24.5x68.0 兵庫・山路寺 1800年(寛政12年) 兵庫県指定文化財
老梅図 紙本墨画 2幅 53.4x59.8(各) 個人 旧袋戸
雪梅図 紙本墨画 1幅 119.6x41.6 渡辺美術館 1801年(享和元年)
龍虎図屏風 紙本銀地墨画 六曲一双 151.2x360.0 個人
牡丹図 絹本著色 1幅 37.0x50.8 個人
松に鶴図 絹本著色 1幅 118.9x53.2 個人
竹に虎図 絹本著色 1幅 94.5x33.8 個人
菊慈童図 絹本著色 1幅 108.2x40.4 個人
孔子十哲図 絹本著色 1幅 121.0x55.5 鳥取県立博物館
瀧に菊慈童図 絹本著色 1幅 118.9x56.0 個人
西王母 絹本著色 1幅 105.4x51.2 ボストン美術館
Tiger Emerging from Bamboo 絹本著色 1幅 128.59x85.41 ミネアポリス美術館

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『因伯記要』
  2. ^ 『大日本書畫名家大鑑』
  3. ^ 『長崎名家墓所一覧 三』 (長崎歴史文化博物館蔵)
  4. ^ 『大音寺過去帳』 (長崎歴史文化博物館蔵)
  5. ^ 『因伯記要』は楊谷の伝記を知るための基本文献であるが、この記載の元になった原資料が確認できないことから、現時点では雄山の方が正しい可能性が高い。なお、木村蒹葭堂日記には「洞雄敬」なる人物が2度訪ねた記載があり、蒹葭堂が賛をした楊谷作品があることから、雄敬は楊谷の名とも考えられる。
  6. ^ a b c 『鳥取藩史』
  7. ^ 『画伝誓文』
  8. ^ 「片山家系」
  9. ^ まちの文化財(43) 山路寺の障壁画
  10. ^ 「楊谷と元旦 -因幡画壇の奇才-」、鳥取県立博物館。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]