熊谷眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くまがい しんいち
熊谷 眞一
生誕1941年
山形県大江町
死没2021年2月8日
山形県山形市
出身校山形市立商業高等学校
職業実業家

熊谷 眞一(くまがい しんいち、1941年(昭和16年) - 2021年(令和3年)2月8日)は、日本の実業家シベール創業者。

人物・来歴[編集]

山形県大江町に生まれる[1]

山形市立商業高等学校卒業後、仙台市新潟県三条市東京での菓子職人の修行を経て、父親が営む和菓子店「松月堂」に入る[1]1966年25歳の時、山形市緑町に県内では初となる洋菓子専門店「シベール」を開業し[1]、市内や仙台市等に店舗網を広げていった。

洋菓子専門から10年後にパン製造に手を広げ[1]、売れ残ったフランスパンを活用して売り出したという「ラスク」が手ごろな贈答品として全国で高い評判を受け、山形を代表する企業の1つに成長させ[2]JASDAQ上場へと導いた[3]

また本社敷地内に、シベールアリーナ(現:東ソーアリーナ)や交流のあった劇作家井上ひさしからの協力を得て、遅筆堂文庫をつくるなど文化振興にも貢献し、施設の運営にあたる公益財団法人弦地域文化支援財団も創設し代表理事を務めた[2][3]

2010年に社長を退いてからは、経営に関与していなかったが[2]、その後、シベールは競争激化で業績が悪化。2019年経営破綻ASフーズスポンサーとなり再建を図っている[3]

脳梗塞で倒れリハビリを行っていたが、 2021年2月8日心筋梗塞で死去した。79歳没[2]

略歴[編集]

  • 1960年(昭和35年)- 山形市立商業高等学校卒業。
  • 1966年(昭和41年)- 洋菓子の店シベールを創業。
  • 1970年(昭和45年)- 会社設立。社長就任。
  • 2010年(平成22年)- 同取締役会長。
  • 2011年(平成23年)- 同特別顧問。
  • 2012年(平成24年) - 山形経済同友会代表幹事[4]
  • 2016年(平成28年)- 同代表幹事退任。
  • 2021年(令和3年)2月8日 - 死去。

脚注[編集]

[脚注の使い方]