熊谷直彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊谷直彦肖像

熊谷 直彦(くまがい なおひこ、文政11年12月14日1829年1月19日) - 大正2年(1913年3月8日)は、日本江戸時代末期から大正時代にかけての日本画家、芸州藩士。父は賀茂[要曖昧さ回避]神職山本季金。幼名を藤太郎と言った。

生涯[編集]

雨中秋山図 東京国立博物館1912年(明治45年)

京都出身。1841年(天保12年)の時、四条派の有力な画家であった岡本茂彦に入門、名を季彦、のち直彦と改める。茂彦の死後は独学で日本画の技術を磨いた。1844年(弘化元年)に、芸州藩京都詰衣文方であった熊谷左門の養子となって、熊谷直彦と名を改めた。

幕末になると芸州藩士として国事に打ち込むようになり、尊皇攘夷論者として活動した。芸州藩執政・関忠親(蔵人)との関わりもあり、1862年(文久2年)5月に広島に入り、関の側近となった。同年8月には、野村帯刀に従って上京した。後に京都留守居役にも任じられた。

明治維新が成就、版籍奉還が行われた後は、広島藩大属となった。その後東京に出て、積極的に絵画の道を再び歩み活躍、諸国を遊歴して山水景勝を自家薬籠中の物とした。1884年(明治17年)第2回内国絵画共進会に「大江山」「鯛」を出品し銅賞を受ける。また、明治宮殿造営に際し、杉戸絵を手がける。1893年(明治26年)のシカゴ万国博覧会に「雨中山水」、1900年(明治33年)パリ万国博覧会でも同名の作品を出品。1898年(明治31年)旧主浅野候から厳島神社に奉納された「滄海日出」「山頭初月」を制作。日本美術協会で活躍し、1903年(明治36年)日本美術協会秋季展で特別賞状を受賞。それらの功績を認められ、1904年(明治37年)4月16日に帝室技芸員となった[1]東宮御所の新築に際しては杉戸の絵を描いた。

1913年(大正2年)没。墓所は豊島区駒込染井霊園山水・人物画を得意とし、養父との関係から衣冠束帯有職故実に通じていた。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
雨中山水 紙本墨画 1幅 149.6x81.3 東京国立博物館 1893年(明治26年) シカゴ万国博覧会出品作
月下狸図 絹本墨画淡彩 1幅 162.0x71.2 ボストン美術館 19世紀
雨中秋山 絹本淡彩 1幅 157.5x71.2 東京国立博物館 1912年(明治45年)
十二ヶ月山水図 絹本著色 六曲一双押絵貼 128.5×49.5(各) 広島県立美術館

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6236号、明治37年4月18日。

参考文献[編集]

  • 朝日新聞東京本社企画第一部編集・発行 『即位記念 「近代日本画壇の巨匠たち」展図録』 朝日新聞社、1990年、pp.38-39,118-119

関連項目[編集]

外部リンク[編集]