熊取六人衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熊取六人組(くまとりろくにんぐみ)[1]または熊取六人衆(くまとりろくにんしゅう)[2]は、原子力利用の危険性について研究し、追究し続けてきた京都大学原子炉実験所原子力安全研究グループの6人の科学者の総称、通称。

概要[編集]

「熊取」は、同所の所在する大阪府泉南郡熊取町に由来する[3]

グループの目的を、「原子力災害放射能汚染など、原子力利用にともなうリスクを明らかにする研究を行い、その成果を広く公表することによって、原子力利用の是非を考えるための材料を社会に提供する」こととしている。

メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 細見周『熊取六人組 反原発を貫く研究者たち』編集者からのメッセージ 岩波書店
  2. ^ a b c 今中哲二・海老澤徹・川野眞治・小出裕章・小林圭二・瀬尾健『熊取六人衆の脱原発』 七つ森書館
  3. ^ 青木理「ジャーナリストの目 熊取六人衆 原子力の危険を訴え続けた真の研究者たちがいた」(『週刊現代』2011年4月16日号)

参考図書[編集]

  • 細見周『熊取六人組 反原発を貫く研究者たち』岩波書店、2013年3月15日、ISBN:978-4-00-022635-6
  • 今中哲二・海老澤徹・川野眞治・小出裕章・小林圭二・瀬尾健『熊取六人衆の脱原発』七つ森書館、2014年5月、ISBN:978-4-8228-1403-8

外部リンク[編集]