炭酸銅(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
炭酸銅(II)
識別情報
CAS登録番号 1184-64-1
特性
化学式 CuCO3
モル質量 123.56 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

炭酸銅(II)(たんさんどう に、: copper(II) carbonate)は、炭酸塩である。単に炭酸銅という時には、2価の銅イオン Cu2+炭酸イオン CO32−水酸化物イオン OH から成る塩基性炭酸銅を指すことが多い[1]

炭酸銅(II)の正塩 CuCO3 は知られていない[1]、とする辞典もあるが、高温高圧のCO2雰囲気下で三方晶系[2]または単斜晶系[3]の CuCO3塩基性塩から合成できる、という報告もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 炭酸銅、『理化学辞典』、第5版、岩波書店
  2. ^ Pistorius, C. W. F. T. (1960). “Synthesis at high pressure and lattice constants of normal cupric carbonate”. Experientia 16 (10): 447-448. doi:10.1007/BF02171142. ISSN 0014-4754. 
  3. ^ Seidel, H.; Ehrhardt, H.; Viswanathan, K.; Johannes, W. (1974). “Darstellung, Struktur und Eigenschaften von Kupfer(II)-Carbonat”. Zeitschrift für anorganische und allgemeine Chemie 410 (2): 138–148. doi:10.1002/zaac.19744100207. ISSN 0044-2313.