滴翠美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 滴翠美術館
TEKISUI MUSEUM OF ART
Tekisui museum01s3200.jpg
玄関アプローチ
滴翠美術館の位置(兵庫県内)
滴翠美術館
兵庫県内の位置
施設情報
館長 東野治之
管理運営 公益財団法人山口文化会館
建物設計 安井武雄
開館 1964年[1]
所在地 659-0082
兵庫県芦屋市山芦屋町13-3
位置 北緯34度44分21.5秒 東経135度17分47.6秒 / 北緯34.739306度 東経135.296556度 / 34.739306; 135.296556座標: 北緯34度44分21.5秒 東経135度17分47.6秒 / 北緯34.739306度 東経135.296556度 / 34.739306; 135.296556
公式サイト 滴翠美術館
プロジェクト:GLAM

滴翠美術館(てきすいびじゅつかん)は、兵庫県芦屋市にある兵庫県の登録博物館。運営は、公益財団法人山口文化会館。館長は東野治之奈良大学教授)。

概要[編集]

大阪の山口財閥の四代目当主山口吉郎兵衛の邸宅の一部を美術館用途として改装し、彼の1500点以上にのぼる陶磁器を中心とする日本美術品コレクションを収蔵・展示する。敷地内には陶芸教室の「滴翠窯」を併設している。

美術館名の「滴翠」は、山口翁の雅号旧山邑邸とともに象徴的な洋館の大邸宅である。

ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

施設概要[編集]

中庭
滴翠窯

交通[編集]

周辺情報[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 滴翠美術館”. 日本観光振興協会. 2016年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]