満屋裕明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

満屋 裕明(みつや ひろあき、1950年8月9日[1] - )は、日本のウイルス学者。熊本大学医学部内科学の教授。アメリカ国立癌研究所内科療法部門レトロウイルス感染症部部長。国立国際医療研究センター臨床研究センター長(2012年-)。HIV治療薬の研究を行っている。

1985年、アメリカ国立衛生研究所で世界初のHIV治療薬「AZT」を開発した[1]。同年にAZT開発について論文発表をしたが、アメリカでの特許は、実験に協力していたバローズウェルカム社が、満屋に無断で取得してしまった[2]。満屋は同社が高価格でAZTを売り出したことに怒り、さらに新しいHIV治療薬の研究に励んだ[2]。その結果、世界で2番目と3番目のHIV治療薬(「ddⅠ」と「ddC」)も満屋が開発した[2]。なお、満屋がライセンスを企業に与える際には、適切な価格での販売を条件にしている[2]

2007年には紫綬褒章、2015年には日本学士院賞を受賞。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1975年 熊本大学医学部卒業[3]
  • 1982年 医学博士(熊本大学、学位請求論文『原発性免疫不全症患者末梢血リンパ球の病理病態学的解析 : 末梢血リンパ球のpokeweed mitogen,Epstein-Barrビールスでのin vitro刺激による免疫グロブリン合成』)[4]

職歴[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]