温又柔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

温 又柔(おん ゆうじゅう、Wen Yourou、1980年5月14日[1]- )は日本小説家

概要[編集]

台湾台北市生まれで、3歳より東京都で育つ。両親は台湾人[2]

東京都立飛鳥高等学校法政大学国際文化学部卒業、同大学院国際文化専攻修士課程修了。学部では川村湊、大学院ではリービ英雄のゼミに所属[3]2009年、「好去好来歌」で第33回すばる文学賞佳作を受賞し、作家デビュー。

日本語台湾語中国語の飛び交う家庭に育ち、創作は日本語で行う。自身は、日本語は外国語ではないが母国語とも言い切れないと述べている[4]

2013年には管啓次郎小野正嗣木村友祐とともに高山明演出の演劇プロジェクト「東京ヘテロトピア」に参加し、東京のアジア系住民の物語を執筆した。

2016年、『台湾生まれ 日本語育ち』で第64回日本エッセイストクラブ賞受賞[5]2017年、「真ん中の子どもたち」で第157回芥川龍之介賞候補[6][7]2019年文化庁長官表彰[8]2020年、『魯肉飯のさえずり』で第37回織田作之助賞受賞[9]

好きなものは、ドラえもんTHE YELLOW MONKEY水餃子[10]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『とっておきの上海』温又柔とワクワク観光隊 彩図社 2003
  • 『たった一つの、私のものではない名前 my dear country』Happa-no-Kofu, c2009
  • 『来福の家』(集英社、2011年) のち(白水Uブックス、2016年)
  • 『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社、2015年)のち(白水Uブックス、2018年)
  • 『真ん中の子どもたち』(集英社、2017年)
  • 『空港時光』(河出書房新社、2018年)
  • 『「国語」から旅立って』(新曜社、2019年)
  • 『魯肉飯のさえずり』(中央公論新社、2020年)

共著[編集]

  • 『本にまつわる世界のことば』(創元社、2019年)
  • 『私とあなたのあいだ ~いま、この国で生きるということ~』(明石書店、2020年)

単行本未収録作品[編集]

  • 「母のくに」(『すばる』2011年3月号)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『すばる』2012年8月号執筆者紹介
  2. ^ 温又柔『「国語」から旅立って』インタビュー|私が、ニホン語に住むようになるまで | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | INTERVIEW” (日本語). 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 (2019年7月2日). 2021年3月1日閲覧。
  3. ^ 人生、言葉、文化、自らのアイデンティティーが投影された小説集『来福の家』を執筆
  4. ^ 失われた母国語を求めて 第4回 母「國」語の憂鬱[リンク切れ]
  5. ^ 私たちの闘い 自分で動く:4 「わたしの言葉」をつかむ”. 好書好日. 朝日新聞社 (2018年5月31日). 2018年10月8日閲覧。
  6. ^ “芥川賞・直木賞、候補作発表”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 33. (2017年6月20日) 
  7. ^ 芥川賞-選評の概要-第157回”. 芥川賞のすべて・のようなもの. 2020年12月9日閲覧。
  8. ^ 平成30年度文化庁長官表彰名簿
  9. ^ “織田作之助賞に温又柔さん「魯肉飯のさえずり」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年12月9日). https://www.sanspo.com/article/20201209-DJIICMCQI5JNDIDXBSVC3ZQCXU/ 2020年12月9日閲覧。 
  10. ^ “私たちの闘い 自分で動く:4 「わたしの言葉」をつかむ 温又柔”. 朝日新聞. (2017年8月27日). オリジナルの2017年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170903152528/http://book.asahi.com/reviews/column/2017082900002.html 

外部リンク[編集]