渡辺真由子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 真由子
生誕 日本の旗 日本 愛知県
教育 慶應義塾大学博士(政策・メディア)
職業 メディア学者
ジャーナリスト
星槎大学大学院客員教授
公式サイト MAYUMEDIA [10]

渡辺 真由子(わたなべ まゆこ、1975年 - )は、日本メディア学者ジャーナリスト。星槎大学大学院客員教授。博士(政策・メディア)。

経歴[編集]

慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。在学中にオーストラリアアデレードフリンダース大学留学社会心理学女性学を学ぶ。1998年から2004年までテレビ朝日系の放送局に在籍し、報道記者・ディレクターを務めた。2005年から2006年末までの2年間カナダに留学し、バンクーバーサイモンフレーザー大学メディア・リテラシーを研究する(PBD修了)[1]とともに、ハワイ大学で映画産業とジェンダーを学ぶ[2]。「人間の尊厳が重んじられる社会」の構築を目指し、帰国後はメディア学者・ジャーナリストとして大学でメディア論の教鞭を執る他、テレビ・新聞のコメンテーターを務め、執筆・講演活動も行なっている。本業の傍ら、慶應義塾大学大学院後期博士課程で「メディアにおける青少年保護」を研究し単位取得退学[3]。その後、同大学より博士号を取得。2018年度より星槎大学大学院客員教授[4]

東京都青少年問題協議会委員。2015年内閣府青少年問題有識者会議委員。2011年文部科学省ケータイモラルキャラバン隊」講師、2014年法務省人権啓発指導者養成研修会」講師、2015年度内閣府「児童ポルノ排除対策シンポジウム」パネリスト。会員としてジェンダー法学会日本語ジェンダー学会情報通信学会に所属。公式ホームページによるとTOEIC900以上を所有[5][6][7]

専門分野[編集]

メディアリテラシーいじめ、子どもを性的に描く創作物の規制[8]、青少年の健全育成、児童ポルノ規制、男女共同参画デートDVリベンジポルノ性教育を専門とする。近年はネットいじめ被害者の子供や教師、遺族の取材の他、スマートフォンソーシャル・ネットワーキング・サービスや性的有害情報の問題を中心に取り組んでいる。メディアリテラシーやインターネット・リテラシーをテーマにした講演を、企業医師会から教育委員会少年鑑別所まで全国で幅広く実施。メディアを読み解く能力の必要性を説いている。

メディア学者としては、「性の尊厳」を重視する観点から、メディアの暴力・性表現は受け手の価値観に影響を与える(メディア効果論)として、表現規制の更なる強化とリテラシー教育を提言している[9]。「働く女性の代表」としてファッション誌に取り上げられる[10]他、海外のテレビ局からもインタビューを受けている[11]

受賞[編集]

  • いじめ自殺を題材としたドキュメンタリー「少年調書~16歳の自殺 遺族は何と闘ったか~」のディレクターとして日本民間放送連盟賞最優秀賞(ラジオ報道)、放送文化基金賞優秀賞を史上最年少で受賞(2000年)[12][13]
  • ミス慶応コンテストで特別賞を受賞(1993年)。

著作[編集]

書籍[編集]

博士論文[編集]

  • 「児童ポルノ規制の新たな展開-創作物をめぐる国内制度の現状及び国際比較による課題-」(2017年2月)[14][15][16][17]

論説[編集]

  • 「性的有害情報に関する実証的研究の系譜 : 従来メディアからネットまで」 (『情報通信学会誌』30(2)、2012年)[18][19]

紀要[編集]

  • 「ネット上の性情報に対する規制とメディア・リテラシー教育のあり方の国際比較」 (『慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要』(61)、2011年[20][21]
  • Regulations and Media Literacy Education on Online Obscene Harmful Information: A Japanese Perspective (Keio Communication Review No.34, 2012)[22][23]

研究ノート[編集]

  • 「子どもポルノをめぐる国際動向と人権」(『総務省情報通信政策レビュー』第10号、2015年[24][25]

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Post Baccalaureate Diploma - Centre for Sustainable Community Development - Simon Fraser University [1]
  2. ^ 羽ばたけ 日本の女性研究者[2]
  3. ^ 渡辺真由子プロフィール 講演依頼.com|講演会の講師紹介[3]
  4. ^ 渡辺真由子の「メディアと人権」研究所|社会人向け大学院の客員教授に就任[4]
  5. ^ ネットモラルキャラバン隊:文部科学省
  6. ^ 人権啓発指導者養成研修会 | 公益財団法人人権教育啓発推進センター
  7. ^ 渡辺真由子公式プロフィール[5]
  8. ^ 渡辺真由子「創作子どもポルノ」と子どもの人権[6]
  9. ^ 渡辺真由子公式twitter[7]
  10. ^ 渡辺真由子の「メディアと人権」研究所|『Domani』巻頭「女性とキャリア」インタビュー[8]
  11. ^ 渡辺真由子の「メディアと人権」研究所|韓国テレビ局SBSから「日本の放送表現規制」インタビュー[9]
  12. ^ 表彰番組・事績 | 一般社団法人 日本民間放送連盟
  13. ^ 放送文化基金賞 | HBF 公益財団法人放送文化基金
  14. ^ 渡辺真由子の「メディアと人権」研究所: 博士号(政策・メディア)を取得
  15. ^ 渡辺真由子の「メディアと人権」研究所: 『児童ポルノ規制の新たな展開』(博士論文)
  16. ^ 児童ポルノ規制の新たな展開 : 創作物をめぐる国内制度の現状及び国際比較による課題(要約):慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)
  17. ^ 渡辺真由子の「メディアと人権」研究所:博士論文を出版へ
  18. ^ 学会誌・出版物 バックナンバー|情報通信学会 -JSICR-
  19. ^ 性的有害情報に関する実証的研究の系譜
  20. ^ メディア・コミュニケーション〔研究所紀要〕No.61(2011.3発行) | 慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所
  21. ^ ネット上の性情報に対する規制と メディア・リテラシー教育のあり方の国際比較
  22. ^ Keio Communication Review No.34 (2012.3) | 慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所
  23. ^ Regulations and Media Literacy Education On Online Obscene Harmful Information: A Japanese Perspective
  24. ^ 総務省 情報通信政策研究所(IICP)|調査研究|情報通信政策レビュー|情報通信政策レビュー第10号(平成27年3月31日刊行)
  25. ^ 子どもポルノをめぐる国際動向と人権

外部リンク[編集]