清水隆三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水 隆三 Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 SHIMIZU Ryuzo
基本情報
生年月日 1902年9月30日
没年月日 没年不明
選手情報
ポジション FW
ユース
19xx-1923 東京府青山師範学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
東京蹴球団
代表歴
1923 日本の旗 日本 2 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

清水 隆三(しみず りゅうぞう、1902年9月30日 - 没年不明)は、日本サッカー選手

来歴[編集]

1923年3月に東京府青山師範学校を卒業。1923年5月に開催された第6回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、フィリピン代表戦で1得点を決めた[1]。なお、この得点は国際Aマッチでの日本代表の初ゴールでもあった[2]

以降の経歴は不明である。

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 1得点(1923)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1923 2 1 0 0 2 1
通算 2 1 0 0 2 1

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1 1923年5月23日 日本の旗 日本大阪市 フィリピンの旗 フィリピン 1-2 第6回極東大会

脚注[編集]

  1. ^ 第6回極東選手権大会”. 日本サッカー協会. 2016年9月23日閲覧。
  2. ^ 国際Aマッチ以外では、1917年5月10日の第3回極東選手権大会のフィリピン戦で藤井春吉が2得点したのが日本代表初のゴールである。

外部リンク[編集]