清水盛光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 盛光(しみず もりみつ、1904年12月25日 - 1999年1月16日)は、日本の社会学者

愛知県渥美郡田原町出身。本籍・広島県。1931年九州帝国大学法文学部哲学科卒。九大助手を経て満鉄調査部に勤務し、「支那社会の研究」を発表。京都帝国大学人文科学研究所助教授、1949年京都大学人文科学研究所教授、58年「支那家族の構造」で京都大学文学博士。68年定年退官、名誉教授関西大学教授、1974年松山商科大学教授、1977年駒澤大学教授[1]。中国の社会関係の研究を行った。

著書[編集]

  • 『支那社会の研究 社会学的考察』岩波書店 1939.
  • 『支那家族の構造』岩波書店 1942
  • 『中國族産制度攷』岩波書店 1949
  • 『中国郷村社会論』岩波書店 1951
  • 『家族』岩波全書 1953
  • 『集団の一般理論』岩波書店 1971

共編[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典