清水多吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水 多吉(しみず たきち、1933年8月8日 - )は、日本の哲学者立正大学名誉教授。フランクフルト学派の研究に取り組んだ先駆的哲学者。

来歴[編集]

会津若松生まれ。東京都立新宿高等学校を卒業、東京大学文学部哲学科卒。1963年から立正大学勤務、教授、2004年に定年退任、名誉教授。

著書[編集]

共著
共編
  • 『クラウゼヴィッツと「戦争論」』 石津朋之共編、彩流社、2008

翻訳[編集]

  • クラウゼヴィッツ戦争論 (上下)』現代思潮社、1966、中公文庫、2001 
  • マルクーゼ『ユートピアの終焉』合同出版、1968、中公クラシックス、2016
  • マルクーゼ『生と死の衝動』(片岡啓治共訳)合同出版、1969 
  • ホルクハイマー『道具的理性批判2 権威と家族』イザラ書房、1970
  • ホルクハイマー『権威主義的国家』 紀伊国屋書店、1975 
  • フッサールハイデッガー、ホルクハイマー『30年代の危機と哲学』(手川誠士郎共編訳)イザラ書房、1976、平凡社ライブラリー、1999
  • ハーバーマス『社会科学の論理によせて』 国文社、1991。共訳
  • ハーバーマス他『過ぎ去ろうとしない過去-ナチズムとドイツ歴史家論争』(徳永恂共訳)人文書院、1995
  • ハーバーマス『討議倫理』(朝倉輝一共訳)法政大学出版局、2005、新装版2013

記念論集[編集]

  • 『知の軌跡—20世紀を顧みる 清水多吉先生古稀記念論文集』北樹出版、2004 

参考[編集]