海老名運動公園野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海老名運動公園野球場
Ebina 1.jpg
施設データ
所在地 神奈川県海老名市社家4032番地1
座標 北緯35度25分39秒 東経139度22分39.7秒 / 北緯35.42750度 東経139.377694度 / 35.42750; 139.377694座標: 北緯35度25分39秒 東経139度22分39.7秒 / 北緯35.42750度 東経139.377694度 / 35.42750; 139.377694
所有者 海老名市
管理・運用者 海老名市(受託者:相鉄企業)
照明 照明塔:6基
最大照度:内 野800Lx
      :外 野500Lx
      (照度可変)
使用チーム • 開催試合
神奈川フューチャードリームス (2020年 - )
収容人員
3,400人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,954 m2
両翼:95 m
中堅:120 m
旧スコアボード(2012年度までのもの)

海老名運動公園野球場(えびなうんどうこうえんやきゅうじょう)は、神奈川県海老名市海老名運動公園にある野球場。施設は海老名市が所有・運営管理、相鉄企業がこれを受託し、整備を行っている。海老名球場ともいう。

高校野球夏の県大会を除く)やプロ野球イースタン・リーグ横浜DeNAベイスターズ主催試合)に使用される。また11月にはクラストカップ神奈川・静岡決戦会場(リトルシニア南関東支部あさひテレビ主催)としても使用されている。

2020年よりベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)に加入した神奈川フューチャードリームスが公式戦を開催している[1]

施設概要[編集]

鉄筋コンクリート造2階建

  • グラウンド面積:12,353m2
  • 両翼:95m、中堅:120m
  • 内野:土、外野:天然芝
  • 収容人員:3,400人 (内野:セパレート席・芝生、外野:芝生)
  • スコアボード:高輝度フルカラーLED方式。[2]

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日程&結果 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年10月17日閲覧)
  2. ^ 海老名市で、多彩な映像コンテンツにも対応できる“フルカラーLEDスコアボード”が稼働 富士通フロンテック 2013年4月10日

外部リンク[編集]