浦賀城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
浦賀城
神奈川県
城郭構造 山城
築城主 北条氏康
築城年 16世紀後半
廃城年 1577年または1590年
遺構 空堀、井戸、虎口
位置
地図
浦賀城の位置(神奈川県内)
浦賀城
浦賀城

浦賀城(うらがじょう)は、神奈川県横須賀市浦賀にあった、戦国時代末期の日本の城山城)である。

城跡は浦賀港の入り口である叶神社(東叶神社)境内の明神山にあり、浦賀水道から房総半島が一望できる。

概要[編集]

安房里見氏からの攻撃に備えて、北条氏康三崎城支城として築いた。

里見義弘との房相一和後に廃城となった説と豊臣秀吉小田原征伐後に三崎城同様廃城となった説がある。