浦川道太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦川 道太郎(うらかわ みちたろう、1946年3月 - )は、日本の法学者早稲田大学法学学術院名誉教授。専門は民法。弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック所属弁護士(第二東京弁護士会)。元司法試験第二次考査委員(民法)。

篠塚昭次門下。同門には、早稲田大学総長の鎌田薫内田勝一がいる。最終講義のタイトルは、「早稲田大学と私の半世紀」。

経歴[編集]

研究テーマ[編集]

  • 危険責任の比較法的研究
  • 消費者保護法の比較法的研究
  • 生命倫理と法

在外研究等[編集]

  • アレクサンダー・フォン・フンボルト財団研究奨学生(ドイツ・ゲッティンゲン大学留学)

受託研究[編集]

  • 末期医療における患者の自己決定権の確保のための民事法上の規制(1999年~2000年)

著書・論文等[編集]

  • 『民法キーワード』(有斐閣)
  • 『民法 IV・債権各論〔第2版補訂〕』(有斐閣)
  • 『製造物責任制度』(国民生活センター)
  • 『基礎演習・民法(財産法)』(有斐閣)

所属学会[編集]

  • 日本私法学会 (1999年~2001年、国内 )
  • 比較法学会 (国内)
  • 日本交通法学会 (国内)
  • 日本医事法学会 (国内)
  • 日本土地法学会 (理事長代行、国内 )
  • 日本賠償科学会 (理事、1993年~、国内 )
  • 日本ペット法学会 (理事、1998年~、国内 )
  • 日本スポーツ法学会 (理事、2001年~、国内 )
  • 危機管理システム研究学会 (理事、2002年~ )

外部リンク[編集]

先代:
岡澤憲芙
早稲田大学図書館長
1998年 - 2002年
次代:
紙屋敦之
先代:
新設
早稲田大学大学院法務研究科長
2004年 - 2005年
次代:
鎌田薫