浜尾まさひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜尾まさひろ
誕生 福島県の旗 福島県郡山市
死没 (1956-11-06) 1956年11月6日(65歳)
職業 絵本作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京デザイナー学院
ジャンル 童話
絵本
代表作 「もういちどだけかくれんぼ」
「びゃくしんの話」(脚色)
「こころの詩」
「薔薇」
「コウモリガサの一番星」
「帽子」
「Xmasにロンリークラウンを」
「のぞみの魚」
『生きものの記憶』
『童話は甘いかしょっぱいか』
主な受賞歴 手づくり絵本コンクール特別奨励賞
KFS花のイラストはがきコンテスト入選
第29回JOMO童話賞佳作
フーコー短編小説コンテストミステリー部門佳作
コスモ文学賞入選
アンデルセンのメルヘン大賞優秀賞
日本文学館超短編小説コンテスト入選
ショートショートコンテスト入選
第23回日本自費出版文化賞特別賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
絵本のイメージ

浜尾 まさひろ(はまお まさひろ、本名: 浜尾 真弘、1956年11月6日- )は、ショートショート児童文学などを執筆する手づくり絵本作家。福島県郡山市出身。さそり座。血液型はO型。

履歴[編集]

1956年11月、福島県郡山市に生まれる。1974年日本大学東北高等学校卒業後、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科に入学するが、79年に中退。その後、ホテルのベルボーイ、ドアマン、ベッドメイク、メッセンジャー、セールスマン、保育士、交通誘導のガードマン、新聞社のデザイン課勤務など、転々とする。絵本作家の高橋宏幸、童話作家の立原えりか、らの指導を受ける。

創作活動[編集]

1981年 講談社フェーマススクール「創作絵本入門」に入会。1年間絵本作家、高橋宏幸の講習を受け、処女作「もういちどだけかくれんぼ」を作る。

1993年 池袋のコミュニティー・カレッジ「創作童話教室」に入会。約10年間童話作家立原えりかの講習を受け、創作活動に生きる歓びを見つける。

80年代から90年代にイラストレーターの大橋ケンと組んだ3冊の手づくり絵本(共作)がある。95年に漫画グリム童話「びゃくしんの話」を脚色、大橋ケンが漫画を手掛けている。

1997年 第4回手づくり絵本コンクールで「こころの詩」が特別奨励賞を受賞。

1998年 KFS花のイラストはがきコンテストで「薔薇」が入選。

1998年 第29回JOMO童話賞で「コウモリガサの一番星」が佳作を受賞。「童話の花束、その29」に収録。

1998年 フーコー短編小説コンテスト、ミステリー部門で「帽子」が佳作を受賞。コスモ文学賞で同作品が入選。

1999年 アンデルセンのメルヘン大賞で「Xmasにロンリークラウンを」が優秀賞を受賞。「アンデルセンのメルヘン文庫、第16集」に収録。

2006年 日本文学館超短編小説コンテストで「のぞみの魚」が入選。同年、ショートショートコンテストで「ある会話」が入選。講談社文庫「ショートショートの花束1」阿刀田高編に収録。

2020年 第23回日本自費出版文化賞で「童話は甘いかしょっぱいか」(文芸社)が特別賞を受賞。

代表作[編集]

  • 『もういちどだけかくれんぼ』(手づくり絵本)
  • 『こころの詩』(手づくり絵本)
  • 『Xmasにロンリークラウンを』(メルヘン)
  • 『生きものの記憶』(2007年2月、日本文学館より出版) 
  • 『童話は甘いかしょっぱいか』(文芸社)

外部リンク[編集]