活性水素水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

活性水素水(かっせいすいそすい)とは、水素が溶けている水である[要出典][いつ?][誰?]一般的に活性水素とは水素原子のことを指し、「水素ラジカル」とも表現される[要出典]。活性水素水を発生させるとする手法は、マグネシウムなどの金属を用いる手法と電解による方法が用いられる[要出典]

水素分子(水素ガス)を溶解させた「水素水」とは区別される[要出典]

活性水素水の仮説[編集]

水に対してマグネシウムなどの還元力を持つ金属や陰電圧を作用させると、通常の水素イオン (H+) や水素分子 (H2) の他に、反応性の高い水素種「活性水素」(原子状水素(= 水素ラジカル)(H•)、あるいはヒドリドイオン (H))が発生してそのまま水に溶けているとする。「活性水素」が溶けているとされる水が「活性水素水」と呼ばれている。

提唱者は[誰?]、「活性水素とは分子状態でなく単原子で存在する水素のことであり、健康に害をもたらす活性酸素を還元して消滅させる」と主張している[要出典]

電解水や金属マグネシウムを作用させた水の還元電位が低いことが原子状水素の存在の証拠のひとつとされているが、それに関しては、上述の原子状水素をもちださなくとも、第25回日本医学会総会の小久見らによる「アルカリイオン水の性質と安全性」にあるように分子状水素の過飽和状態として十分説明できるものである。

電解による活性水素水[編集]

医療分野や食品衛生用などに用いられる電解水生成装置は、食塩水を原料として電圧をかけ、アルカリ性および酸性の水を生成する装置である。

活性酸素による過酸化状態を還元させるとして還元水と呼ばれることもある。

活性酸素を還元させるという基礎研究[編集]

活性酸素による酸化は生活習慣病の原因の一つであるという仮説がある。

電解還元水が、DNA[1]RNAタンパク質[2]を活性酸素による酸化から防御するなどと白畑實隆らが主張した。基礎的な研究では、ラットの細胞で糖尿病を改善するような細胞の特性の変化や、試験管内でヒトのがん細胞の増殖を抑制するといった主張を行った[3]

活性水素水商法[編集]

活性水素水が活性酸素を消滅させるという論点から、良い効能を持つとして活性水素水を製造するとする装置が販売されることがあった。

なお、水素分子(H2)を溶解した「水素水」は、活性水素水とは学術的な面を含め区別される[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ Shirahata S, Kabayama S et al. "Electrolyzed-reduced water scavenges active oxygen species and protects DNA from oxidative damage" Biochem Biophys Res Commun 234(1), 1997 May, pp269-74. PMID 9169001
  2. ^ Lee MY, Kim YK et al. "Electrolyzed-reduced water protects against oxidative damage to DNA, RNA, and protein" Appl. Biochem. Biotechnol 135 (2), 2006 Nov, pp133-44. PMID 17159237
  3. ^ 「アルカリイオン水『がん』抑制 ヒト細胞で効果確認-九大教授」(読売新聞、2001年1月4日・西部朝刊)

関連項目[編集]