活性水素水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

活性水素水(かっせいすいそすい)とは「活性水素」が溶けていると主張される水の呼称。健康グッズ販売のための擬似科学・造語であり、科学用語ではない。

一般的に活性水素とは水素原子のことを指し、「水素ラジカル」とも表現される。活性水素水を発生させるとする手法は、マグネシウムなどの金属を用いる手法と電解による手法が用いられる。

水素分子(水素ガス)を溶解させた「水素水」とは区別される。

金属による活性水素水・活性水素仮説[編集]

水に対してマグネシウムなどの還元力を持つ金属や陰電圧を作用させると、通常の水素イオン (H+) や水素分子 (H2) の他に、反応性の高い水素種「活性水素」(原子状水素(= 水素ラジカル)(H•)、あるいはヒドリドイオン (H))が発生してそのまま水に溶けているとする。「活性水素」が溶けているとされる水が「活性水素水」と呼ばれている。

なお、各水素種の解説については項目: 水素 を参照されたい。

提唱者は、「活性水素とは分子状態でなく単原子で存在する水素のことであり、健康に害をもたらす活性酸素を還元して消滅させる」と主張している。

電解水や金属マグネシウムを作用させた水の還元電位が低いことが原子状水素の存在の証拠のひとつとされているが、それに関しては、上述の原子状水素をもちださなくとも、第25回日本医学会総会の小久見らによる「アルカリイオン水の性質と安全性」にあるように分子状水素の過飽和状態として十分説明できるものである。

林秀光は、人体内に水素分子を原子状水素(活性水素)に分解する能力がある酵素をもっていることを学会で発表した[1]。その発表で林が論じている内容は、(1) いくつかのバクテリアが有する酵素は水素分子を原子水素に活性化する。(2) 一方、水素が溶存している水は人間のさまざまな疾患を改善する。(3) これらのことから、人間は水素分子を原子水素に活性化する酵素を持ち、その原子水素の抗酸化力が疾患を改善しているのだ、というものである。しかし、林が (1) の論拠として挙げているネイチャー誌の論文[2]には、水素を代謝する酵素(ヒドロゲナーゼ)が原子状の水素を発生させるということは記されていない(原子水素が水素ラジカルのことであるならば、それはスーパーオキシドディスムターゼの逆反応なので、活性水素をヒドロゲナーゼが触媒するというのは事実誤認である)。

電解による活性水素水[編集]

医療分野や食品衛生用などに用いられる電解水生成装置は、食塩水を原料として電圧をかけ、アルカリ性および酸性の水を生成する装置である。これらの電解水のうち酸性のものは活性種として次亜塩素酸などを含み、除菌、消毒用などに用いられる。アルカリ性にされた水のうち、マイナスの還元電位が-200mV以上のものが活性水素水として研究対象にされることが多い。活性酸素による過酸化状態を還元させるとして還元水と呼ばれることもある[3]

提唱者・研究者[編集]

林秀光
健康本著者。医学博士。著作の中で活性水素水がガン糖尿病にも効くと主張[4]
早川英雄
事業家。著作の健康本の中で自己発明機械の活性水素水を含むものが奇跡の水であると主張。[5]
白畑實隆
奇跡の水の研究家(九州大学)。活性水素が単原子水素と提唱。[6]
汐田剛史
鳥取大学 教授。不健康な餌をマウスに与えた場合、水道水より還元水「白山命水」は脂肪肝を抑制と発表。[7]

活性酸素を還元させるという基礎研究[編集]

活性酸素による酸化は生活習慣病の原因の一つであるという仮説がある。 DNA[8]や、加えてRNAタンパク質[9]を活性酸素による酸化から防御することを上記の白畑實隆などが確認している。基礎的な研究では、ラットの細胞で糖尿病を改善するような細胞の特性の変化や、試験管内でヒトのがん細胞の増殖を抑制するといった結果を発表している[10]

活性水素水商法[編集]

活性水素水が活性酸素を消滅させるという論点から、良い効能を持つとして活性水素水を製造するとする装置が販売されることがあった。それらの装置の宣伝では活性水素水について、料理が美味しくなる、柔らかくなる、肌がすべすべになる、使うことで「万病を癒す魔法の水」などとしていた。いわゆるアルカリイオン水の生成機の宣伝トークとしてあるメーカーが使い始めたのが「活性水素水」がメディアに現れた最初のようである。通信販売で宣伝されている還元水素生成装置は医療機器のカテゴリーには存在しない。それらの装置の中には、いわゆる疑似科学商品のひとつと考えられるものもある(外部リンク参照)。

なお、水素分子(H2)を溶解した「水素水」は、活性水素水とは学術的な面を含め区別される。

公取委による排除命令[編集]

いわゆるミネラル還元水素水の生成装置と称するものに対して、2005年12月26日、公正取引委員会は東証1部上場の家庭用機器製造会社「シルバー精工」(東京都新宿区)、「日本ホームクリエイト」(港区)、「エッチアールディ」(横浜市)の3社に対して、使用されていた商品説明資料に誤解を招く表記がされていたことから、誇大広告であるとして(優良誤認)排除命令を出した。[11]

なお、公正取引委員会はある機能を主張する商品に対して、その根拠を示す技術資料の提出を求める権限を法的に持つ。15日以内に科学的に妥当性のある根拠を提出できない場合、その機能主張は優良誤認であると判断され、違法行為をやめるべく、排除命令が出されることになる(詳細は景品表示法を参照のこと)。

また、「排除命令」とは、「それを取り除けという命令」の意であり、景品表示法に違反して商品の品質や値段について実際よりも優れている、または安価であると消費者が誤解するような表示などをした業者に足して、公正取引委員会がその行為の撤回、再発の防止を命じる行政処分のことである。従わない場合、2年以下の懲役刑または300万円以下の罰金刑が科せられる。平成21年(2009)9月の消費者庁創設に伴い、景品表示法の所管が公正取引委員会から消費者庁に移管され、「排除命令」は「措置命令」と名称が変更された。

脚注[編集]

  1. ^ 林秀光 「『水素豊富水・前提医学』の提唱」 第6回国際統合医学会 ポスターセッション、2005年7月17日。リンク
  2. ^ Happe, R. P.; Roseboom, W.; Pierik, A. J.; Albracht, S. P. J.; Bagley, K. A. "Biological activition of hydrogen" Nature, 1997, 385, 126. doi:10.1038/385126a0 - ヒドロゲナーゼによる水素の活性化について、ニッケル-鉄活性中心の研究。原子状水素の発生については述べられていない。
  3. ^ 川瀬 義矩『水の役割と機能化―その多様性と利用』134頁。 ISBN 978-4769342144
  4. ^ 『ガンは「水素豊富水」で克服できる! (単行本(ソフトカバー)) 』、ISBN 978-4845411962
  5. ^ 『ガンに克つ水―「ミネラル還元水」の驚くべき効果! (単行本)』、ISBN 978-4876206995
  6. ^ 白畑實隆 - プロフィール等
  7. ^ [1]
  8. ^ Shirahata S, Kabayama S et al. "Electrolyzed-reduced water scavenges active oxygen species and protects DNA from oxidative damage" Biochem Biophys Res Commun 234(1), 1997 May, pp269-74. PMID 9169001
  9. ^ Lee MY, Kim YK et al. "Electrolyzed-reduced water protects against oxidative damage to DNA, RNA, and protein" Appl. Biochem. Biotechnol 135 (2), 2006 Nov, pp133-44. PMID 17159237
  10. ^ 「アルカリイオン水『がん』抑制 ヒト細胞で効果確認-九大教授」(読売新聞、2001年1月4日・西部朝刊)
  11. ^ 株式会社エッチアールディほか2社に対する排除命令について(国立国会図書館アーカイブ)

関連項目[編集]