洛和会東寺南病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 洛和会東寺南病院
NTT West Kyouto Byouin.JPG
情報
正式名称 洛和会東寺南病院
前身 京都逓信病院
標榜診療科 内科、外科、腎臓内科、消化器内科、婦人科、放射線科、リハビリテーション科
許可病床数

46床


一般病床:46床
機能評価 Ver 4
開設者 医療法人社団洛和会
管理者 近藤 守寛(院長)
所在地
601-8441
京都市南区西九条南田町1
位置 北緯34度58分35.2秒
東経135度44分50.5秒
二次医療圏 京都・乙訓
PJ 医療機関
テンプレートを表示

洛和会東寺南病院は、医療法人社団洛和会が運営する私立の総合病院である。

概要[編集]

かつては旧逓信省(現総務省)管轄の医療機関で、日本電信電話公社時代まで京都南逓信病院を名乗っていた。NTTのNTT京都病院を経て、NTT西日本が運営するNTT西日本京都病院として、企業立病院ではあるものの一般にも開放されていた。

2016年2月1日、NTT西日本から医療法人社団洛和会(洛和会ヘルスケアシステム)へ事業譲渡され、洛和会東寺南病院として再出発した[1]

診療科目[編集]

  • 消化器センター
  • 内科
  • 人工透析(洛和会京都腎臓病センター)

交通[編集]

京都市南区西九条南田町1

各種指定[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “事業継承のお知らせ” (プレスリリース), NTT西日本京都病院, http://www.ntt-west.co.jp/kyobyo/ 2016年4月5日閲覧。 

外部リンク[編集]