波多野毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波多野 毅(はたの つよし、1847年弘化4年9月[1]) - 1917年大正6年)10月7日[1][注 1])は、幕末長州藩士大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将位階勲等功級正四位勲二等功三級[2]

経歴[編集]

長州藩士[2]奇兵隊に加わり、戊辰戦争では前原一誠に従い北越戦争に出兵した[2]1871年(明治4年8月)陸軍歩兵少尉に任じ、佐賀の乱西南戦争に従軍[2]1887年(明治20年)9月、歩兵第5連隊長に補され、陸軍教導団次長、同団長を経て、1892年(明治25年)2月、大佐に進み、同年11月、陸軍士官学校長に就任した[3]日清戦争が勃発すると、1894年(明治27年)9月、監軍部参謀長を兼ね、翌年8月、兼職を解かれた[3]

1896年(明治29年)9月、歩兵第38連隊長に任じ、1897年(明治30年)9月、陸軍少将に進級と同時に歩兵第19旅団長に補され、1899年(明治32年)8月、一時休職するが、日露戦争の開戦により召集を受け1904年(明治37年)4月、留守第11師団長に任じた[3]。その後、1906年(明治39年)1月、陸軍中将に進級と同時に後備役編入となった[1][3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』28頁では明治40年9月27日没とあるが特旨叙位の時期から誤り。

出典[編集]

  1. ^ a b c 福川 2001, 580頁.
  2. ^ a b c d 『陸軍中将波多野毅特旨叙位ノ件』 - 国立公文書館デジタルアーカイブ、大正6年10月6日。
  3. ^ a b c d 外山 1981, 28頁.

参考文献[編集]

  • 外山操 編 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版、1981年。ISBN 4829500026 
  • 福川秀樹 編著 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年。ISBN 4829502738