法多山尊永寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尊永寺
Hattasan Hondō.JPG
本堂
所在地 静岡県袋井市豊沢2777
位置 北緯34度44分16秒 東経137度58分38秒 / 北緯34.73778度 東経137.97722度 / 34.73778; 137.97722座標: 北緯34度44分16秒 東経137度58分38秒 / 北緯34.73778度 東経137.97722度 / 34.73778; 137.97722
山号 法多山
宗派 高野山真言宗
寺格 別格本山
本尊 正観世音菩薩
創建年 (伝)725年
開基 (伝)行基
文化財 仁王門
公式HP ::法多山::
テンプレートを表示

法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)は、静岡県袋井市にある高野山真言宗別格本山の寺院。寺号の「尊永寺」よりも山号の「法多山」の名で広く知られている。遠州三山の1つ。本尊は聖観音(正観世音菩薩、厄除観世音)。

厄除け観音として知られ、厄除だんごが名物となっている。

歴史[編集]

尊永寺の航空写真(1983年)。再建中の本堂が見える(中央やや右上)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
金銅五種鈴(国の重要文化財)左から宝珠鈴、三鈷鈴、塔鈴、独鈷鈴、五鈷鈴(三鈷鈴は重要文化財指定外)
厄除だんご

寺伝によれば、神亀2年(725年聖武天皇の命により「大悲観音応臨の聖地」を捜し求めた行基によって建立されたという。

中世以降、守護大名今川氏の庇護を受けた。天正18年(1590年)、豊臣秀吉は当寺の寺領として205石を安堵。この205石は歴代徳川将軍によっても安堵され幕末まで維持された。最盛期には60余の子院を有し、近世にも12の子院が残っていたが、これらは明治時代までにすべて廃絶している。江戸時代後期の火災伽藍を焼失し、現在の本堂は1983年に再建されたものである。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)

行事[編集]

名物[編集]

  • 厄除だんご - 徳川家定が「くし団子」と命名。

所在地[編集]

  • 静岡県袋井市豊沢2777 

交通アクセス[編集]

  • JR東海道線愛野駅から車で5分、徒歩で20分
  • JR東海道線袋井駅から遠鉄バス法多山行きに乗り、終点下車。15分。290円。
    • 初詣シーズンには袋井駅から臨時便直通バスも多数運行されている。早ければ15分以内に到着するが、初詣客による渋滞状況によっては1時間近く要する場合もある。料金は通常運行と同様290円。

※自車での場合、初詣シーズンは、2時間以上の渋滞ある。駐車場は、有料。

関連項目[編集]

遠州三山

  • 医王山油山寺 桃山時代の三重塔や山門(国の重要文化財)がある。
  • 萬松山可睡斎 徳川家康・ポール牧などの有名人ゆかりの曹洞宗寺院。但し、駐車場は、有料。

外部リンク[編集]