河田正也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河田 正也(かわた まさや、1952年4月20日 - )は、日本の実業家日清紡ホールディングス代表取締役社長を経て、同社代表取締役会長。元日本紡績協会副会長。

人物・経歴[編集]

山口県下関市出身。下関市立東部中学校山口県立下関西高等学校を経て、1975年一橋大学経済学部を卒業し、日清紡株式会社に入社。大学では石弘光ゼミと卓球部に所属。部の1年後輩に川嶋文信(元三井物産副社長)が、3年後輩に山添茂丸紅副会長)がいた。伊藤邦雄一橋大名誉教授はクラスの同級生[1][2]

日清紡では大阪東京での営業や、富山工場労務担当を経て、長く人事部門を歩み、2002年1月には人事本部人事部長に就任、2003から年人事本部労政部長兼務[3][4]

2004年からコンティネンタル・テーベス株式会社出向。2006年4月日清紡株式会社人事本部人事部長兼人事本部労政部長、2006年6月執行役員人事本部長、2007年4月から経理本部副本部長兼務、2007年6月取締役兼執行役員、2008年4月事業支援センター副センター長。2009年4月にからは主力子会社の初代日清紡ブレーキ株式会社取締役社長兼務[5]

2010年6月日清紡ホールディングス株式会社取締役常務執行役員、2011年6月日清紡ホールディングス株式会社経営戦略センター副センター長兼新規事業開発本部長兼日清紡ケミカル株式会社取締役社長。2012年6月から日清紡ホールディングス株式会社取締役専務執行役員兼日清紡メカトロニクス株式会社取締役社長としてメカトロニクス事業を担当[6]日本無線株式会社監査役なども務めた[7]

2013年6月日清紡ホールディングス株式会社代表取締役社長に就任。海運不況で、船舶用通信機器事業の収益が低下する中、2011年に買収したブレーキ摩擦材事業に注力し[8]、海外進出も進め、タイでのブレーキ部品工場建設決定や、中国での水処理用微生物固定化担体の実証実験などを行った[9][10]。2017年には、相談役制度廃止を決定。同社最後の相談役となった鵜澤静相談役とともにNHKに出演し、外国人投資家を中心に不透明であるとの意見があり相談役を廃止したと説明した[11][12]。2019年代表取締役会長[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
鵜澤静
日清紡ホールディングス社長
2013年 - 2019年
次代:
村上雅洋