池田魁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 魁(いけだ かい、1882年明治15年)12月10日[1] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚東京市豊島区長

経歴[編集]

鹿児島県大島郡住用村(現在の奄美市)出身[2]第一高等学校を経て[3]1917年大正6年)3月、東京帝国大学法科大学を卒業[1][2][3]。同年10月、文官高等試験行政科試験に合格し[3]朝鮮総督府逓信局に勤務した後[2]、鎮南浦府尹を務めた[4]

1932年(昭和7年)、東京市に入り、芝区会計課長を経て[1]、豊島区長に就任した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 東京市職員写真銘鑑 1936, p. 208.
  2. ^ a b c 帝国大学出身録 1922, p. 125.
  3. ^ a b c 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、219頁。
  4. ^ 『職員録 昭和3年1月1日』内閣印刷局、1928年、p.205。
  5. ^ 『東京市職員録 昭和13年7月』東京市、1938年、p.444

参考文献[編集]

  • 原田登編『帝国大学出身録』帝国大学出身録編輯所、1922年。
  • 『昭和12年版 東京市職員写真銘鑑』市政之人社、1936年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。