加藤一敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 一敏(かとう かずとし、1926年大正15年)2月13日[1] - )は、日本政治家。元東京都豊島区長

経歴[編集]

のちの東京都豊島区出身[1]早稲田大学文学部を卒業し、豊島区役所に奉職する[1]1984年(昭和59年)助役を経て、1987年(昭和62年)豊島区長に就任した[1]1998年(平成10年)引退した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 日外アソシエーツ 1999, 122頁.
  2. ^ 加藤一敏豊島区長今期限りで勇退の表明 -平成10年東京都豊島区議会第3回定例会-”. ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム (1998年9月24日). 2020年5月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ 編 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X