池宗墨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池宗墨
Chi Zongmo.JPG
『冀東政権の正体』(1937年)
プロフィール
出生: 1890年光緒16年)
死去: 1951年5月20日
中華人民共和国の旗 中国北京市
出身地: 清の旗 浙江省温州府平陽県
職業: 政治家・教育者
各種表記
繁体字 池宗墨
簡体字 池宗墨
拼音 Chí Zōngmò
和名表記: ち そうぼく
発音転記: チー ゾンモー
ラテン字 Ch'ih Tzung-mo
テンプレートを表示

池 宗墨(ち そうぼく)は中華民国の政治家・教育者。冀東防共自治政府の秘書長で、後に第2代行政長官となった。

事績[編集]

初期の活動[編集]

日本に留学し、東京高等師範学校明治大学を卒業している。帰国後は、浙江省首席督学官、北京高等師範学校教授、尚志大学教授、北京中学校長、廈門師範学校校長などを歴任した。1925年民国14年)、中国銀行鄭家屯分行行長に任ぜられる。さらに通成紡績公司経理も担当した[1][2]

冀東防共自治政府での活動[編集]

1935年(民国24年)、池宗墨は、河北省の薊密区行政督察専員公署秘書長に任ぜられた。同年11月に冀東防共自治委員会(翌月、冀東防共自治政府に改組)が成立すると、殷汝耕政務長官と同郷の誼からその秘書長に就いた[1][2]

1937年(民国26年)7月29日、通州事件が勃発、殷汝耕も反乱軍に一時捕らえられる事態が起きた。殷は混乱の中で辛うじて脱出、北平に逃げ込んだが、反乱軍との関係を日本軍に疑われて拘束されてしまう。そのため同月31日、公務で不在だったため難を逃れていた池宗墨が、政務長官代理に任命された[3]。池は、通州事件の事後処理にあたり、また、政府所在地を通県から唐山に移した[4]

晩年期の活動[編集]

1938年(民国27年)1月30日、冀東防共自治政府は王克敏が率いる中華民国臨時政府に併合され、領域は河北省に編入された。池は2月5日に行政委員会参議(特任官)に起用され[5]、さらに4月には北支産金株式会社の子会社・河北採金有限股份公司で董事長となっている[6]汪兆銘政権でも1945年(民国34年)5月に労工協会理事長を務めた[7]

日本敗北後の1945年(民国34年)12月5日、池宗墨は狂人を装うも虚しく潜伏先の北平で逮捕されている。まもなく国民政府から審問を受け、池は漢奸の罪により極刑の判決を下されたが[8]、実際には国民政府統治下での執行は無かった。中華人民共和国成立後の1951年5月20日、北京市人民政府から改めて反革命罪などで死刑判決を言い渡され、直ちに執行された。享年62[7]

人物像[編集]

池宗墨は孔孟思想と王道政治論の信奉者であり、徹底した国民党嫌いであったとされる。三民主義孫文(孫中山)を非難・罵倒し、また、清末の政治家曽国藩を尊敬していた、とされる。殷汝耕同様、日本語に巧みであった[9]

[編集]

  1. ^ a b 徐主編(2007)、404頁。
  2. ^ a b 高木(1937)、136頁。
  3. ^ 「冀東長官、更迭す 池宗墨氏、代理に就任」『東京朝日新聞』昭和12年(1937年)8月1日夕刊、1面。なお、12月ごろになると「代理」との表記が報道から消滅するため、それまでのいずれかの時点で正式に長官に就任したと見られる。しかし、正確な就任日時は不明である。
  4. ^ 「池宗墨氏 唐山へ 要人を同伴」『東京朝日新聞』昭和12年(1937年)8月10日夕刊、1面。
  5. ^ 東京朝日新聞』1938年2月7日夕刊。
  6. ^ 『東京朝日新聞』1938年4月9日。
  7. ^ a b 人民日報』1951年5月23日、第5版。
  8. ^ 何(2006)。
  9. ^ 高木(1937)、135-137頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 高木翔之助編『冀東政権の正体』北支那社、1937年。
  • 何立波「『華北自治運動』中的冀東偽政権」『二十一世紀』網絡版総第49期、2006年4月
 Flag of China (1912–1928).svg 冀東防共自治政府
先代:
殷汝耕
政務長官(代理)
1937年7月 - 1938年1月
次代:
(廃止)