池上梅園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池上梅園
Ikegami Baien
Ikegami baien entrance ota 2015.jpg
池上梅園の入口
分類 区立公園
所在地
座標 北緯35度34分52.6秒 東経139度42分10.1秒 / 北緯35.581278度 東経139.702806度 / 35.581278; 139.702806座標: 北緯35度34分52.6秒 東経139度42分10.1秒 / 北緯35.581278度 東経139.702806度 / 35.581278; 139.702806
面積 9,880.82m2[1]
開園 1978年8月26日[1]
駐車場 あり(有料)
事務所所在地 東京都大田区池上2丁目2番13号

池上梅園(いけがみばいえん)は、東京都大田区池上にある区立公園である。

概要[編集]

当公園は池上本門寺の西にあり、高低差を生かした梅園茶室などがある公園になっている。

戦前までは当地は日本画家伊東深水の自宅兼アトリエ(月山山荘)[2]であったが、戦災で焼失。

戦後は、拡張され築地料亭経営者の邸宅があったが、所有者の没後、庭園として残す事を条件に[2]、東京都に敷地を譲渡され、1978年に大田区に移管された。

大田区は当庭園に区の花であるの花の植林をするなど整備し、現在は370本(白梅150本紅梅220本)の梅の木が植わっている。

1月から3月頃まで梅の花が楽しめ、多くの人が訪れるほかボタンツツジの花があり、梅のシーズン以外にも四季を通じて草花を楽しめるようになっている。[2]

主な施設[編集]

  • 茶室(聴雨庵)…元々は政治家・藤山愛一郎所有の茶室であったものが、1983年に大田区に寄贈され、移築されたもの。[2]
  • 茶室(清月庵)…この建物は建築家・川尻善治の元々自宅にあった離れである。それが大田区在住の華道家・中島恭名が買取り、大田区に寄付したもの。そして「清月庵」と命名されて1989年から茶室として利用している。
  • 和室
  • 見晴台
  • 薬医門

隣接施設[編集]

料金[編集]

入園料…大人(16-65才)100円
   …小人(6才-15才)20円

6歳未満と65歳以上は無料。その他、障害者なども無料。

また茶室・和室の利用は事前予約の上、有料。(詳細は公園事務所に問い合わせ)

開園日・時間[編集]

  • 月曜日以外毎日(午前9時から午後4時30分まで)
  • 休園日:月曜日(2月3月は無休。月曜日が休日の場合、翌平日が休み)年末年始。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 公園調書 平成26年4月1日現在 東京都建設局 45p.
  2. ^ a b c d 大田区立池上梅園 大田区都市基盤整備部大森まちなみ維持課

外部リンク[編集]