水野眞由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 眞由美(みずの まゆみ、1957年 - )は、群馬県出身の俳人前橋市生。和光大学人文学部卒業。前橋市にて古書店「山猫館書房」を経営しながら句作活動を行う。1985年より金子兜太に師事。「俳句空間」新人賞準賞、海程新人賞などを受賞。2001年、句集「陸封譚」で第6回中新田俳句大賞を受賞。女性ならではのみずみずしい感性を生かした作風で注目される。現在、「海原」同人・「鬣-TATEGAMI」編集同人。朝日新聞群馬版・上毛俳壇選者。エッセイ集「猫も歩けば」、評論集「現代の俳人101」(共著)。「小さな神へ—未明の詩学」で、群馬県文学賞評論部門を受賞。

著書[編集]

  • 第1句集 陸封譚(七月堂)
  • エッセイ 猫も歩けば(山猫館書房)
  • 第2句集 八月の橋(鬣の会)
  • 第1評論集 小さな神へ—未明の詩学(JP叢書)

参考文献[編集]

  • 『小さな神へ-未明の詩学』(2012)著者略歴