気仙沼女子高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
気仙沼女子高等学校
Kesennuma Girls' High School 2012.JPG
過去の名称 気仙沼家政高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人畠山学園(現・東陵学園)
共学・別学 男女別学(女子校)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 三期制
高校コード 04517K
所在地 988-0083
宮城県気仙沼市入沢4-1

北緯38度54分28.1秒 東経141度34分30.4秒 / 北緯38.907806度 東経141.575111度 / 38.907806; 141.575111座標: 北緯38度54分28.1秒 東経141度34分30.4秒 / 北緯38.907806度 東経141.575111度 / 38.907806; 141.575111
外部リンク [1]
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
気仙沼女子高校(2013年6月1日)

気仙沼女子高等学校(けせんぬまじょしこうとうがっこう)は、宮城県気仙沼市入沢に所在した私立女子高校[1]。略称は気女(きじょ)。

地域の人口減少や東日本大震災の影響でJR大船渡線が不通になって岩手県から生徒を集めにくくなるなど生徒の確保が難しくなったため[1]2014年平成26年)3月で閉校[1][2]。また、同じ学校法人畠山学園学校法人東陵学園)が運営している東陵高等学校は、運営を続ける。

設置学科[編集]

  • 普通科
    • 英進コース
    • 福祉コース
    • ビジネスコース

沿革[編集]

  • 1948年昭和23年)3月 - 各種学校として創立。
  • 1955年(昭和30年)8月 - 学校法人畠山学園を設立。
  • 1969年(昭和44年)
    • 1月 - 高等学校設立認可。
    • 4月 - 気仙沼家政高等学校開校。
  • 1971年(昭和46年) - 体育館が上にある珍しい構造の4階建て校舎が完成[1]
  • 1973年(昭和48年)4月 - 商業科設置。
  • 1974年(昭和49年)4月 - 普通科設置。
  • 1976年(昭和51年)9月 - 校名を気仙沼女子高等学校と変更。
  • 1989年平成元年)4月 - 家政科廃止。
  • 1996年(平成8年)4月 - 商業科を総合ビジネス科に科名変更。
  • 2002年(平成14年)4月 - 普通科(英進・福祉・ビジネス)コース制に学科改編。
  • 2011年(平成23年)7月 - 理事会で2013年末で閉校することを決定。
  • 2012年(平成24年)度 - 新入生募集停止。
  • 2014年(平成26年)3月 - 閉校[1]
  • 2015年(平成27年)6月5日 - 校舎の解体作業を開始[1]

特徴[編集]

宮城県各圏域の中心市には、「石巻石巻女子」「古川古川女子」のように、地域名を冠した県立の男子校と女子校が存在したこともあり、気仙沼市に存在した県立女子高校である宮城県気仙沼女子高校が1951年に宮城県鼎が浦高等学校と校名変更されても、県立男子高校として気仙沼高校があった影響で、「気仙沼女子高は県立女子高校」と勘違いされがちだった。(なお、気仙沼、鼎が浦両高校は2005年度に統合し、新しい気仙沼高等学校(県立共学高校)となった)。

遠くからも見えるかまぼこ形の施設は体育館が上にある珍しい構造の4階建て校舎で、その形から「カマボコ」と呼ばれ気仙沼市民に親しまれた[1]

跡地に災害公営住宅4棟61世帯を建設するため、2015年(平成27年)6月5日から校舎の解体作業が開始された[1]

部活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 青瀬健 (2015年6月6日). “「カマボコ」解体、気仙沼で始まる”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 宮城全県版 
  2. ^ 気仙沼女子高等学校が最後の卒業生18人を送り出す(宮城県気仙沼市)”. 復興庁. 2021年2月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]