民間稲作研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
民間稲作研究所
格付 NPO法人
設立日 2000年3月17日
代表者 稲葉光圀
活動地域 栃木県韓国中国
主な事業 環境保全型の稲作技術の開発研究、有機農業技術支援センターの運営。
郵便番号 329-0526
事務所 栃木県河内郡上三川町蛸堂72番地
主な協力組織 トヨタ財団タイワ精機
関係する組織 一般社団法人民間稲作研究所認証センター、有限会社日本の稲作を守る会、社団法人農山漁村文化協会
外部リンク http://inasaku.or.tv/kenkyujo/
テンプレートを表示

特定非営利活動法人民間稲作研究所(みんかんいなさくけんきゅうじょ)は、栃木県河内郡上三川町に拠点を置く、特定非営利活動法人である。理事長は稲葉光圀

活動内容[編集]

沿革[編集]

  • 1979年昭和54年)- 成苗移植技術を確立(40g精密播種器を開発)
  • 1997年平成9年)- 成苗2本植研究会を母体に発足(付属農場50a開設)
  • 1999年(平成11年)
    • 無農薬による種子消毒法の研究(トヨタ財団の助成)
    • 温湯処理機を発案(タイガーカワシマの協力で製品化)
    • 付属農場を140aに拡大。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月17日 - 特定非営利活動法人として認証を受ける(有機農産物の登録認定機関となる)
    • 有機栽培用床土を開発(トヨタ財団の助成)
    • 第1回環境保全型稲作全国交流集会を開催。
    • 第1回日韓中環境保全型稲作技術国際会議開催(於:韓国)
  • 2001年(平成13年)
    • ペレット成型機を発案(タイワ精機の協力でペレ吉くんを製品化)
    • 第2回環境保全型稲作全国交流集会を開催(環境事業団の助成)
    • 第2回日韓中環境保全型稲作技術国際会議開催(於:山形県
  • 2002年(平成14年)
    • 第3回環境保全型稲作全国交流集会を開催(環境事業団の助成)
    • 第3回日韓中環境保全型稲作技術国際会議を開催(於:中国吉林省
    • 国内各地で有機稲作技術講習会を開催。
  • 2003年(平成15年)
    • 研修生受け入れ(中国吉林省延辺自治区)
    • 第4回日韓中環境保全型稲作技術国際会議を開催(於:韓国)
  • 2004年(平成16年)
    • 第5回日韓中環境保全型稲作技術国際会議を開催(於:秋田県大潟村、環境事業団の助成)
    • 付属農場を水田140a、畑30aに拡大。
  • 2005年(平成17年)
    • 第6回日韓中環境保全型稲作技術国際会議を開催(於:中国)
    • 有機稲作の技術講習会・現地研修会を開催(環境事業団の助成で全国4ヶ所)
    • 付属農場を水田180a、畑100aに拡大。 
  • 2006年(平成18年)
    • 3月1日 - JAS法改定に伴い認証業務を移行(有限責任中間法人民間稲作研究所認証センター)
    • 有機栽培用の種子の採種ほ場として県に指定を受ける(日本初)
  • 2007年(平成19年)- 創立10周年記念公開シンポ開催。
  • 2009年(平成21年)6月13日 - 有機農業技術支援センターが竣工(農林水産省の助成)

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]