みのる産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みのる産業株式会社
MINORU INDUSTRY CO.,LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
709-0892 
岡山県赤磐市下市447番地
設立 1949年7月
業種 機械
法人番号 5260001007261
事業内容 農業機械、食品加工機、花卉関係器材、環境関連商品、ゴルフ関係機の開発・製造・販売。
代表者 生本純一(代表取締役社長)
資本金 7,200万円
売上高 63億(2008年現在)
従業員数 350名(2008年現在)
主要子会社 みのる化成(株)、(株)みのるガーデンセンター、(株)みのるゴルフセンター、みのるホテル事業(株)
関係する人物 生本實(創業者)
外部リンク http://www.agri-style.com/
テンプレートを表示
アイガモロボット試験実走2010.06.09 魚沼コシヒカリ栽培圃場
アイガモロボット展示 2011.11.23 第13回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会川場村
ポットシステム専用育苗箱(14×32穴 448個)619×315×25mm
ポット成苗田植機(乗用6条植え)

みのる産業株式会社(みのるさんぎょう、英文名称:MINORU INDUSTRY CO.,LTD)は、岡山県赤磐市下市に本社を置く農業機械製造企業である。主力の田植機は、大手4社(クボタヤンマー井関農機三菱マヒンドラ農機)のマット苗(稚苗)式と違った独自開発のポット苗(成苗)である。昨今の有機稲作・自然栽培の流行によりこのポット苗(成苗)方式の田植機が注目されている。北海道では、60%のシェアを誇る[1]

みのる産業株式会社が開発、設計、製造する農業機械には独特なものが多く、その独自性から他メーカーから良い意味で異端と表現されることもある。

また近年の有機稲作の盛り上がり前から有機栽培に力を入れておりそれに特化した機械も多数製造している。独自に有機栽培の団体も支援している。

沿革[編集]

  • 1949年設立 社名は創業者の生本實(いくもと みのる 1911年 - 1999年10月31日)から取られたもの

事業内容[編集]

  • 農業機械
  • 食品加工機
  • 花卉関係器材
  • 環境関連商品
    • 固化培土エクセルソイル。壁面緑化事業など。
  • ゴルフ関係機
    • ゴルフ練習場専用打球機。

事業所[編集]

みのるグループ各社[編集]

  • みのる化成株式会社
    • 設立:1961年昭和36年)11月、資本金:4,500万円
    • 従業員数:265名、売上高:74億円(2008年12月期実績)
  • 株式会社みのるガーデンセンター
    • 設立:1966年(昭和41年)6月、資本金:2,400万円
    • 従業員数:40名、売上高:5億円(2007年12月期実績)
  • みのる産業株式会社 ゴルフ事業部(後楽ゴルフ倶楽部)
    • 設立:1992年平成4年)7月、資本金:7,200万円
    • 従業員数:70名、売上高:5億5,000万円(2008年9月期実績)
  • 株式会社みのるゴルフセンター
    • 設立:1973年(昭和48年)7月、資本金:4,000万円
    • 従業員数:50名、売上高:6億8,000万円(2008年9月期実績)
  • みのるホテル事業株式会社(後楽ホテル)
    • 設立:1998年(平成10年)11月、資本金:3億8,000万円
    • 従業員数:20名、売上高:6億5,000万円(2008年10月期実績)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ みのる産業株式会社 農業機械の企画・設計・製造・販売 ■みのるグループ■”. リクナビ. 2017年11月19日閲覧。
  2. ^ みのる水田駆動除草機”. みのる産業. 2017年11月19日閲覧。
  3. ^ 江戸時代の農書における水田の多数回中耕除草とその効果”. 土壌物理学会. 2017年10月30日閲覧。
  4. ^ 光合成細菌が生物多様な田んぼを育む【栽培を科学する】”. 養生LABO. 2017年10月30日閲覧。
  5. ^ 中耕除草を現代稲作に(山形新聞)2008.10.27”. 山形新聞. 2017年10月30日閲覧。

外部リンク[編集]