毘伽可汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毘伽可汗呉音:びがかがん、漢音:ひきゃかかん、拼音:Pígākĕhàn、683年 - 734年)は、東突厥第二可汗国期の可汗阿史那骨咄禄の長子。姓は阿史那氏、名は默棘連(ぼくきょくれん)という。可汗号である毘伽可汗はビルゲ・カガン古テュルク語: Old Turkic letter N1.svgOld Turkic letter G1.svgOld turkic letter Q.png Old Turkic letter A.svgOld Turkic letter G2.svgOld Turkic letter L2.svgOld Turkic letter I.svgOld Turkic letter B2.svg - Bilgä Qaγan、トルコ語: Bilge Kağan[1]の漢字表記名。

生涯[編集]

阿史那骨咄禄の子として生まれる。

阿史那骨咄禄が天寿690年 - 692年)の初めに病死すると、その子の默棘連はまだ幼かったので、弟の阿史那默啜が代わって可汗位に就いた。

開元4年(716年)6月、阿史那默啜が九姓(トクズ・オグズ)の拔曳固(拔野古、バイルク)部に殺されると、小殺(しょうシャド:官名)であった默棘連は後を継いで大可汗となり、毘伽可汗(ビルゲ・カガン)と号した。この即位に際して、毘伽可汗の弟である闕特勤(キュル・テギン:官名)は旧部を糾合し、阿史那默啜の子の小可汗及び諸弟を殺すなどして、毘伽可汗の即位に重要な役割を果たした。このとき毘伽可汗は闕特勤に位を譲ろうとしたが、闕特勤が固辞したため、彼を左賢王に封じ、東突厥軍の兵馬を統帥させることにした。また、默啜時の衙官であった暾欲谷(トニュクク英語版)を任用し、彼の娘である婆匐を可敦(カトゥン:皇后)とした。

ある時、降戸[2]の阿悉爛らが帰順してきたので、毘伽可汗はの北辺を侵そうとした。しかし、暾欲谷が「今はその時ではありません」と毘伽可汗を諫めた。また、毘伽可汗が城壁の修復と、仏教道教の寺院の建築を提案した時も、暾欲谷は「遊牧民がすることではありません」と諫めた。このようにして暾欲谷は毘伽可汗政権のブレーン的存在となり、毘伽可汗もまた彼の献策に従った。

開元8年(720年)9月、暾欲谷は甘州涼州を寇し、涼州都督楊敬述を敗走させ、契苾部落を掠めて帰った。11月、突厥は涼州を寇し、人を殺して羊馬数万計を掠めて去った。翌年(721年)秋、これに対し唐は拔悉蜜契丹の兵を発し、東突厥へ進軍し、毘伽可汗を捕えようとした。

開元14年(726年)11月、東突厥は遣使を送って唐に入朝した。

開元15年(727年)9月、毘伽可汗は大臣の梅録啜(ブイルク・チュル)を唐へ入朝させた。閏月、突騎施英語版(テュルギシュ)の蘇禄吐蕃の賛普は安西を包囲し、副大都護の趙頤貞はこれを撃って敗走させる。

開元22年(734年)、毘伽可汗は大臣の梅録啜に毒を盛られるが、すぐには死ななかったので、梅録啜を斬り、その一味を滅ぼしたうえで死んだ。国人は毘伽可汗の子を立てて伊然可汗(イネル・カガン)とした。

妻子[編集]

可賀敦(カガトゥン:皇后)
  • 骨咄禄婆匐可敦…暾欲谷の娘
  • 大洛公主

毘伽可汗の碑文[編集]

毘伽可汗の死後、彼の甥であるヨルリグ・テギンによってオルホン河畔のホショ・ツァイダムに碑文が建てられた。これを『ビルゲ・カガン碑文』といい、その発見地から『ホショ・ツァイダム碑文』,『オルホン碑文』とも呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ ビルゲ・カガンとは「賢明なる可汗」の意。
  2. ^ 咸亨年間(670年 - 674年)に、東突厥諸部落の来降附者の多くは、豊,勝,霊,夏,朔,代の六州に移住させられた。これを降戸と言う。

参考資料[編集]

  • 旧唐書』(本紀第八、列伝第一百四十四上 突厥上)
  • 新唐書』(列伝一百四十上 突厥上、列伝第一百四十下 突厥下)
  • 佐口・山田・護訳注『騎馬民族誌2正史北狄伝』(1972年、平凡社)